【ソムリエが教える】クリスマスにおすすめのワイン。ディナーやプレゼントにも!

クリスマスと言えば「恋人と過ごす日」というイメージが強いかもしれませんが、欧米では「家族や親しい人たちと過ごす」のが一般的。日本でも特に今年は、おうちでパーティーをするという方も多いかもしれません。

そんな時にワインがあると、食卓が一気に華やかになります。

クリスマスはチキンをつかった料理など洋食がメインになることが多いと思います。そして、洋食とワインの組み合わせは、ペアリングの王道!そういう意味でも、クリスマスディナーに合わせるお酒は、やはりワインがしっくり来るのではないでしょうか。

クリスマスまでに、ぜひともワインを用意しておきましょう。

シーンやお料理に合うワインがあれば、きっと思い出に残るクリスマスになると思いますよ!

今回はクリスマスでのシーンやお料理別に合うワインの選び方、ニュージーランドワインのおすすめもご紹介いたします。

クリスマスの定番ワインは?

この記事では、クリスマスにぜひ飲んでいただきたい「ニュージーランドワイン」をご紹介します。

が、その前に、クリスマスの定番ワインであるシャンパン(シャンパーニュ)の簡単な解説をしておきましょう!

定番はやっぱり「シャンパン(シャンパーニュ)」

シャンパン、シャンパーニュ(グラス)

日本でいちばん有名なスパークリングワインである「シャンパン」。

実はその正式な呼び名は、フランス語の“Champagne”に一番発音が近いとされる「シャンパーニュ」なんです。

シャンパーニュは、フランスのシャンパーニュ地方で生産されるスパークリングワイン。世界中で愛されていて、クリスマスパーティーをはじめとする華やかな席や、婚礼などのお祝いの席などでは定番のお酒です。

「瓶内二次発酵」という非常に手間のかかる製法で仕込まれている高級ワインで、「安物のシャンパーニュはない」ということから、プレゼントとしても人気があります。

やっぱりクリスマスの定番はシャンパーニュという方も多いかもしれませんね。

ただ、クリスマス=シャンパーニュじゃなくても良いという方や、今年は気分を変えて少し違ったワインにチャレンジしてみたいという方には、僕はぜひ「ニュージーランドワイン」をおすすめしたいですね!

家族や友人などと過ごすアットホームなディナー

クリスマスディナー

気の置けない仲間たちと和やかに過ごすクリスマスには、比較的リーズナブルなワインが気軽に楽しめていいかもしれません。

とは言え、やはり年に1度のクリスマス。価格は抑えつつも、香りと味わいに定評のあるコスパの高いワインを選びたいところです。

そんな時おすすめな白ワインは、こちら。

シレーニのセラー セレクション ソーヴィニヨン・ブラン。爽やかな柑橘系の香りとすっきりとした酸味が感じられるこちらのワインは、普段ワインをあまり飲まないという方でも、比較的すんなりと飲めるフルーティーなワインです。

シレーニ エステート セラーセレクション ソーヴィニヨン・ブラン

シレーニソーヴィニヨン・ブラン2019

ワイナリー名 シレーニ エステート(Sileni Estates)
シリーズ名 セラーセレクション
ぶどう品種 ソーヴィニヨン・ブラン
産地 マールボロ
ヴィンテージ 2019
希望小売価格 1,900円(税別)
輸入元 エノテカ

シレーニのワインは全国にあるワインショップ「エノテカ」で購入できます。お住まいの近くに店舗がないという場合は、オンラインショップも便利です。

大勢が参加するホームパーティー

シャンパンを注ぐ

パーティーに参加する人数が多い場合には、どんなワインを選ぶといいのでしょうか?ホスト側でもゲスト側でも、ちょっと悩んでしまいますよね。

そんな大勢が参加する華やかなパーティーでは、スパークリングワインを選ぶと間違いないでしょう。ワインの栓を開けること自体がパーティーの好演出となりますし、乾杯にもぴったりです。

さらにパーティーでは食事を持ち寄ったり、オードブル料理を用意したりと、お料理の系統がバラバラであることも多いですよね。そんな時にも、和洋中なんにでも合うスパークリングワインはとっても便利なんです。

スパークリングの定番、シャンパーニュも良いけれど、ちょっと高い・・・。でも、NZワインならば、もう少しカジュアルで、食事にもあわせやすいものがあります!

それは、インヴィーヴォのソーヴィニヨン・ブランのスパークリング。お値段も3,000円以下と、お求めやすくなっています。グレープフルーツのような良い香りが特徴で、パーティーが一気に華やかになると思いますよ。

インヴィーヴォ スパークリング ソーヴィニヨン・ブラン

インヴィーヴォ スパークリング ソーヴィニヨン・ブラン

ワイナリー名 インヴィーヴォ(Invivo)
ぶどう品種 ソーヴィニヨン・ブラン
産地 マールボロ
ヴィンテージ ノンヴィンテージ
希望小売価格 2,500円(税別)
輸入元 サザンクロス

スパークリングワインをパーティーに持参する際の注意点は、記事後半部分の「スパークリングワインの作法」を参考にして下さい。

特別な人とのディナーや記念日

クリスマス、お皿

恋人や特別な人と過ごすクリスマスディナーには、凝縮感複雑味など、たくさんの要素があるワインを用意するといいでしょう。

リッチでうま味の強いお料理とも相性がよく、特別感も味わえます。 おすすめしたいNZの赤ワインは、マヒピノ・ノワール

たいへん複雑味のあるワインで、繊細な味わいの料理からお肉料理まで幅広く寄り添ってくれます。

マヒ マールボロ ピノ・ノワール

マヒ

ワイナリー名 マヒ(Mahi)
ぶどう品種 ピノ・ノワール
産地 マールボロ
ヴィンテージ 2017
希望小売価格 4,000円(税別)
輸入元 (株)ヴァイ&カンパニーVai & Co Ltd.

ちなみに、この「マヒ(Mahi)」という名前には、NZの先住民族であるマオリ族の言葉で「手工芸品」という意味が込められています。

作り手の思いがこもった手作りのワインを、大切な人と語りながら飲む。というのも素敵だと思います。

食前酒、乾杯酒、食中酒、なんでもこなせる“万能ワイン”

シャンパーニュ、スパークリングワイン乾杯

食前酒や乾杯酒でおすすめしたいのは、少しリッチなスパークリングワイン

さきほど、大勢が参加するホームパーティーでもスパークリングワインをおすすめしましたが、少人数でじっくりワインを味わえるシチュエーションならば、もう少し奮発してみるのも良いですね。

ニュージーランドワインの中には、シャンパーニュに勝るとも劣らない本格派のスパークリングワインもありますので、ぜひ一度お試しあれ。

NZの名門「クラウディ ベイ」が作る瓶内二次発酵ワイン「ペロリュス」です。

クラウディ ベイは、MHD社の商品。つまり、有名なシャンパーニュ「ドン・ペリニヨン」や「モエ・エ・シャンドン」「ヴーヴ・クリコ」をつくっている会社のワインです。このワインにも、シャンパーニュを思わせるエレガントさがありますね。

クラウディー ベイ ペロリュス

クラウディー ベイ ペロリュス

画像引用元:MHD

ワイナリー名 クラウディ ベイ(Cloudy Bay)
ぶどう品種 シャルドネ、ピノ・ノワール
産地 マールボロ
ヴィンテージ ノンヴィンテージ
希望小売価格 3,870円(税別)
輸入元 MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社

クリスマスの定番料理と合わせたいワイン

パーティー

ここまでクリスマスのシーン別に、合うワインをご紹介してきましたが、ワインは本来お料理との相性を考えて選ぶもの。メインのお料理が決まっている場合は、それに合うワインを用意したいという方もいらっしゃるかと思います。

そんな方に向け、クリスマスの定番料理と合うワインもご紹介していきます。

ローストチキン・フライドチキン

チキンの丸焼き

ローストチキンやフライドチキンなど、クリスマスでは定番のチキン料理をメインの食事にしようとお考えの場合は、少しリッチな白ワインをあわせてみましょう。

おすすめのNZワインは、ペガサス ベイのシャルドネです。こちらのワインは、NZワインの中ではかなりお高めの5,000円オーバーですが、しっかりと樽の香りが感じられる特別な日にふさわしいワインです。

ペガサス ベイ シャルドネ

ペガサス・ベイ シャルドネ 2017

ワイナリー名 ペガサス ベイ(Pegasus bay)
ぶどう品種 シャルドネ
産地 カンタベリー/ワイパラ
ヴィンテージ 2017
希望小売価格 5,800円(税別)
輸入元 ヴィレッジ・セラーズ

白ワインですが、印象としては少し重めのワインです。何本かワインを用意する場合にはディナーの後半に持ってくると良いでしょうね。

ローストビーフ・牛肉の煮込み料理

ローストビーフ

牛肉など赤身のお肉料理とは、やはり赤ワインを合わせたいもの。中でも、カベルネ・ソーヴィニヨンメルローといった、ボルドーブレンドのワインは赤身のお肉との相性が抜群です。

NZでは赤ワインと言えば、優しい香りと味わいのピノ・ノワールが主流ですが、数は少ないもののNZでもボルドースタイルのワインは生産されています。

おすすめのボルドースタイルのNZワインは、大沢ワインズフライングシープ メルロー カベルネ・ソーヴィニヨン。こちらのワイナリーは、日本人の大沢泰造さんが経営されていて、濃厚なうま味を持ったワインづくりを得意としています。

大沢ワインズ フライングシープ メルロー カベルネ・ソーヴィニヨン

大沢ワインズ フライングシープ メルロー カベルネ・ソーヴィニヨン2015

ワイナリー名 大沢ワインズ(Osawa Wines)
ぶどう品種 メルロー
カベルネ・ソーヴィニヨン
産地 ホークス・ベイ
ヴィンテージ 2015
希望小売価格 3,200円(税別)
輸入元 大沢ワインズ

このワインには、カシスやブラックベリーのいい風味があります。その風味が、牛肉の煮込み料理にとっても合いますよ!

 ピザ

マルゲリータ

クリスマスは手軽に、みんなでわいわい食べられるピザを食べるというシーンも多いですよね。

今は1枚のピザに複数の種類のトッピングがあるものも多いので、どんな味付けでも合わせられるロゼワインを持ってくるといいでしょう。

NZワインでのおすすめは、ヴィラマリアのロゼ。お値段も2,000円と比較的リーズナブルです。

ヴィラマリア プライベートビン ロゼ

ヴィラマリア プライベートビン ロゼ 2018

ワイナリー名 ヴィラマリア(Villa Maria)
ぶどう品種 メルロー
ピノ・ノワール
ピノ・グリ
マルベック
産地 ホークス・ベイ
ヴィンテージ 2018
希望小売価格 2,000円(税別)
輸入元 木下インターナショナル

【番外編】醤油と砂糖の味付けの「和食」(すきやきなど)

すき焼き

もとは海外のイベントであるクリスマスの料理は、やはり洋食が中心になるかと思います。しかし、番外編として「和(食)のクリスマス」バージョンも考えてみました。

お祝いの日によく食べられる和食と言えば、すき焼きなどお醤油とお砂糖を使った料理ですよね。そんな定番の和食の味付けに合うのは、NZの赤ワインの定番、ピノ・ノワールです。

優しい香りと味わいのピノワールは、和食のような繊細な味付けのお料理にもしっかり寄り添ってくれます。

おすすめのNZワインは、トゥーリバーズ ピノ・ノワールです。

トゥーリバーズ ピノ・ノワール

トゥーリバース ピノ・ノワール2016

ワイナリー名 トゥーリバーズ(Two Rivers)
ぶどう品種 ピノ・ノワール
産地 マールボロ
ヴィンテージ 2016
希望小売価格 3,700円(税別)
輸入元 サザンクロス

デザートと合わせたいワイン

ケーキ、ワイン

クリスマスは食事の後に、ケーキを食べることも多いですよね。今年は食事だけでなく、デザートにもワインをあわせてみませんか?

日本人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、ヨーロッパでは甘いデザートには、甘いワインを合わせるというのが基本の組み合わせになります。

ケーキやアイスクリームはもちろんですが、ちょっと大人のデザートということで、ゴルゴンゾーラのブルーチーズなど塩分やクセのあるチーズにもよく合います。

NZのおすすめのデザートワインは、グレイワッキのボトリティス ピノ・グリです。貴腐菌がついて、水分が抜け、味が凝縮したぶどうを使ったワインで、非常に繊細でまろやかな甘みを持っています。

グレイワッキ ボトリティス ピノ・グリ

グレイワッキ ボトリティス ピノ・グリ

画像引用元:株式会社ヴィントナーズ

ワイナリー名 グレイワッキ(Greywacke)
ぶどう品種 ピノグリ
産地 マールボロ
ヴィンテージ 2015
希望小売価格 5,840円
輸入元 (株)ヴィントナーズ

大切な人へのプレゼントワイン(3,500円以下)

クリスマスギフト

大切な人へワインを贈りたいという方に、プレゼントにもぴったりなワインもご紹介したいと思います。まずは、3,500円以下の比較的お手頃価格のワインから。

贈り物のワインには、やはりラベルにも気を遣いたいところ。おすすめのNZワインは、ワインボトルのラベルがとってもかわいい、ミーシャーズヴィンヤードのインプロンプトゥ ピノ・ノワール。

ミーシャーズヴィンヤード インプロンプトゥ ピノ・ノワール

ミーシャーズヴィンヤード インプロンプトゥ ピノ・ノワール

画像引用元:アプレヴ・トレーディング株式会社

ワイナリー名 ミーシャズ・ヴィンヤード(Misha’s Vineyard)
ぶどう品種 ピノ・ノワール
産地 セントラル・オタゴ
ヴィンテージ 2016
希望小売価格 3,300円
輸入元 アプレヴ・トレーディング株式会社

オーナーのミーシャさんは、音楽一家に生まれ育ったこともあり、ワインには全て音楽・劇場に関する名前が付けられています。

このワイン名の「インプロンプトゥ(impromptu)」は、“即興曲”という意味があります。

僕がNZに訪れた際、ミーシャさんは「気軽なシチュエーションで即興的に開けるワイン」というような意味でつけたともおっしゃっていました。

しかし実際にワインを飲んでみると、とんでもない!凝縮感があって味わい深く、特別な日のディナーにもぴったりなワインであることがわかります。

大切な人へのプレゼントワイン(3,500円以上)

少しリッチなワインを贈りたいという時は、熟成を楽しめるワインをプレゼントしましょう。

NZワインの中でおすすめしたいワインは、マン オー ウォーのアイロンクラッド ボルドーブレンドです。

NZワインの中でも別格の存在であるこちらのワインは、今の状態でももちろん美味しいのですが、長期熟成も可能です。おそらくあと5年、いや10年くらい後でも、美味しく飲めると思います。

マン オー ウォー アイロンクラッド ボルドーブレンド

マン オー ウォー

ワイナリー名 マン オー ウォー(Man O’ War)
ぶどう品種 カベルネ・フラン
メルロー
プティ・ヴェルド
カベルネ・ソーヴィニヨン
マルベック
産地 オークランド ワイヘキ島
ヴィンテージ 2018
希望小売価格 6,050円(税別)
輸入元 リブ・コマース

日本ではNZのやや古いワインというのはほとんど流通していません。従って、これはかなりのレアアイテム。

NZワイン偏愛ソムリエの僕が、自信を持っておすすめするワインです!

クリスマスパーティーでワインを楽しむアイディア

ここからはクリスマスをより楽しむために覚えておくと便利なことや、アイディアなどをご紹介します。

パーティー

スパークリングワインの作法

スパークリングワインをパーティーで楽しみたい時、ちょっとしたポイントを知っておくと便利です。

気をつけたいのは、以下の2点。

  • 持ち運びの際に、振動を与えないこと
  • 冷蔵庫で半日以上冷やすこと

スパークリングワインの瓶内は、炭酸ガスが充満しています。持ち運びの際に、うっかり振動を与えてしまうと開栓時に危険を伴います。また、ワインの美味しさにも多少影響が出てしまいますので、慎重に運ぶようにして下さい。

冷やす時間の目安としては、冷蔵庫で半日以上が望ましいので、パーティーの会場には前日までにワインを届けておくといいでしょう。

主催者の場合も同様に、前日までに購入を済ませ、しっかりと冷蔵庫で冷やしておくようにして下さい。

ワインクーラーを用意しよう

パーティーで白ワインやスパークリングワインを楽しみたい場合には、「ワインクーラー」があると便利です。

ワインクーラー

ワインクーラーとは、卓上などでワインを簡易的に冷やす容器。容器の中に氷水を入れて、ワインをボトルごと冷やせます。

このワインクーラーがあれば、暖房の効いた部屋やお鍋などの温かい料理と一緒でも、ワインの冷たい温度をキープできますし、パーティーの雰囲気も演出してくれます。

今は比較的リーズナブルなものもありますし、収納に困るという方はコンパクトに折りたたみのできるビニールバックタイプのものが便利かもしれません。

特別な日を盛り上げるワイングラスを選ぼう!

ワインを選んだら、ワイングラスも気になってきますよね。

ここでは「シャンパングラス」とおすすめのワイングラスをご紹介します。

シャンパングラス

Champagne

ワインはその種類によって、グラスを変える場合があります。

特にシャンパンの場合、細長いフォルムの「フルートグラス」が人気です。なぜならグラスの底に傷がつけられているので、泡が立ちやすくなるからです。さらに、グラスが細長いのでワインが空気と触れる面積が小さく、炭酸が抜けにくくなっています。

そして美しく泡が立ち上る様子は、気分を盛り上げてくれる演出の一つにもなり、パーティーや結婚式などお祝いの場面などでもフルートグラスが活躍します。

しかし、そのフォルムにも最近少し変化が見られ、中央部分が広がり飲み口がすぼまっているタイプのものを見かけることも多くなりました。このような形状のグラスは表面積が広いので、香りを楽しめるタイプのものとなっています。

上記のようなシャンパングラスがない場合は、普通のワイングラスでも問題ありません。フルートグラスのような特別感は出ないかもしれませんが、ワインの香りをしっかりと感じられるというメリットがあります。

ワイングラスのトップメーカー、リーデル社のマクシミリアン・リーデルさんは、そろそろ、ボルドーグラスのような大きいワイングラスでシャンパンを飲んでもいい時代が来ていると発言しています。

確かに、香りの華やかさを楽しみたい人も多いと思うので、スパークリングワインを大きなグラスに注ぐのは良い選択だなあと思います。

リーデルのグラス

「リーデル」は、世界で初めて“ワインのぶどう品種ごとにグラスを変えて、その香りと味わいを一緒に楽しんでいく”という提案をしたオーストリアの会社。

ワイン初心者の方にも、リーデルのワイングラスはおすすめです。

このクリスマスを機に、ワイングラスも本格的なものを選んでみるのも良いかもしれません。ワインの香りや味わいがより楽しめるようになりますよ!

リーデル オンラインショップ

ワイングラスについて、さらに詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみて下さい。

ホットワインをつくってみよう!

ホットワイン

最後にワインのアレンジ方法として、「ホットワイン」をご紹介します。

寒い日にホットワインを飲むと、体だけでなく心まで温まりそうです。

ホットワインに使うワインは、高価である必要はなく、開栓して日が空いてしまったものや料理で使って余ったものでも十分です。

レシピも掲載しておきますね。

【材料】

  • 赤ワイン…100ml
  • オレンジジュース…40ml
  • クローブの実…1〜2粒
  • シナモンパウダー…少々

【作り方】

  1. 材料すべてを耐熱カップに入れて軽く混ぜる
  2. 電子レンジで約1分ほど加熱

まとめ

今年は、例年よりもおうちでクリスマスを楽しむという方が多いかと思います。

そんな「おうちクリスマス」に、ぜひワインというアイテムを登場させてみてください。それだけで、いつもの食卓が一気に華やかになります!

ご自身のシチュエーションやお料理に合うワインを見つけて、素敵なクリスマスをお過ごし下さいね!

ツリーの前で乾杯(クリスマス)

この記事の筆者

NZワインラバーズ編集部
NZワインラバーズ編集部
NZワインラバーズの編集部です。ソムリエ岩須の監修の元、ニュージーランドやワインについての情報を執筆&編集しています
SNSフォローよろしくお願いします!
Twitter ▶ @nzwinelovers
Instagram ▶ nzwine_lovers

監修

NZワインラバーズ編集部
岩須 直紀
ニュージーランドワインが好きすぎるソムリエ。ラジオの原稿執筆業(ニッポン放送、bayfm、NACK5)。栄5「ボクモ」を経営。毎月第4水曜はジュンク堂名古屋栄店でワイン講師(コロナでお休み中)。好きな音楽はRADWIMPSと民族音楽。最近紅茶が体にあってきた。一般社団法人日本ソムリエ協会 認定ソムリエ。
ボクモ(BOKUMO)
Facebook
Twitter

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会認定ソムリエで、飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。


NZワイン専門店 ボクモワイン
お酒に関する情報|国税庁
未成年者の飲酒防止の推進|国税庁
在ニュージーランド日本国大使館
在日ニュージーランド大使館