コメディエンヌ大集合の笑えるワイン映画「ワイン・カントリー」詳細と感想

今回ご紹介する映画は、2019年のNetflix作品「ワイン・カントリー」です。

ワインカントリー

出典元:ワイン・カントリー | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

若い頃にピザ屋で働いていた仲良し6人組。

時が経ち、それぞれ仕事に家庭にと忙しい中で、50歳になるレベッカの誕生日を祝うために久しぶりに全員集合することに。

行き先は、ワインの名産地であるカリフォルニアのナパ・バレー

豪勢な一軒家を貸し切り、ワイナリーを巡りながら飲んだくれる休暇プランにテンションの上がる6人でしたが、次々にトラブルやいざこざが起こり、なんだかギスギスした展開に…。

親友同士のはずがお互いのことを思いやれていなかったり、自分自身の人生ときちんと向き合えていないことに悩んでいる主人公たち。

言い争いをしたり、秘密を打ち明けたり、悩みを共に解決したり…

「ワイン・カントリー」はドタバタなコメディでありながら、ミドルエイジの女性たちの等身大の姿と友情を描いた作品です。

「ワイン・カントリー」詳細情報

映画ジャンル ヒューマンドラマ
テーマ 友情、人生
制作年/国 2019年/アメリカ
時間 103分
監督 エイミー・ポーラー
出演 エイミー・ポーラー、マーヤ・ルドルフ、
アナ・ガステヤー、レイチェル・ドラッチ、
ティナ・フェイ、ポーラ・ペル、他
配信サイト Netflix

予告を見ただけで、とっても笑えそうな作品という感じがしますね♪

この作品はNetflix配給の映画なので、Blu-rayなどのソフト化はされていません。視聴にはNetflixへの登録が必要になります。

▶︎「ワイン・カントリー」を視聴する(Netflix)

「ワイン・カントリー」の見どころ

笑えるシーン満載のこの作品は、日本で誰もが知っているような有名俳優は出ていませんが、実は人気コメディエンヌが勢揃いの注目作。詳しくご紹介していきます。

サタデー・ナイト・ライブ出身のコメディ女優が勢揃い

アメリカのバラエティ番組「サタデー・ナイト・ライブ(以下SNL)」は、1975年から続く国民的人気番組です。

この番組は、ホストMCのトーク、レギュラー陣によるコントやコーナー、音楽ゲストによるライブパフォーマンスという構成。

アメリカのコメディアンにとってはスターへの登竜門といわれているほど有名なこの番組は、ビル・マーレイ、エディ・マーフィ、アダム・サンドラーなど日本でも人気のコメディ俳優を輩出しています。

映画「ワイン・カントリー」のメインキャラである親友6人組は、全員このSNLの元レギュラー。コメディ映画好きなら一度は見たことがある顔ぶれとなっています。

更に脚本家もSNL出身、監督は本作で中心人物となるアビーを演じたエイミー・ポーラーが務めています。

そのためこの作品は、最初から最後まで笑えるシーンが満載。

SNLを全く知らない方でももちろん楽しめる内容になっています。

登場するワイナリー「アルテサ・ワイナリー」

引用元:アルテサ・ワイナリー公式サイト

主人公たちは、カリフォルニアのナパ・バレーのワイナリーを巡ります。

中でも印象深いのは、丘の上の宮殿のような建物が印象的な「アルテサ・ワイナリー」です。

映画のシーンに映し出されるのはあくまでセットだとは思いますが、実際に見晴らしの良い丘の上でテイスティングを楽しめるサービスがあります。

主人公たちはここでもずっと飲んだくれてふざけていましたが(笑)こんな素敵な場所でワインを飲んでみたいです♪

「ワイン・カントリー」を見た感想

主人公たちの青春時代である80年代のヒットソングが多く流れるので、当時の音楽が好きな僕としてはテンションが上がりました。

将来、大学時代の友達と集まったら、こんな風に楽しく過ごせるかなぁ♪

序盤はとにかく楽しい休暇の様子が描かれていて、あらゆる方向に笑えるネタが満載。

主人公たちと同世代ならなおさら共感して笑えたり(共感度が高すぎて笑えなかったり?!)、きわどい下ネタもあったりします。

物語が進むにつれて、長年言えなかった本音が漏れ出したり、トラブル続きで暗雲が立ち込めてきますが、最終的にはまさかの展開が待っています!

どうやって丸くおさめるのかな?と思って見ていましたが、まさかのクライマックスでした(笑)

確かにちょっとびっくりな展開でしたが、散々ドタバタした後のラストは、なんだかほっこりしました♪

視聴後のほっこり感もさることながら、それぞれのキャラクターがとても濃いというところも、この作品の魅力。

仕切りたがり、神経質、おばかキャラ、仕事人間などなど…

もしかしたら、自分に近いなぁとか、身近にこんな人いるなぁ、と思えるキャラもいるかもしれません。

そして最後にはやはり、こんな仲間がいるっていいなぁ、と思うのです。

ワインの飲み方関しては…酔うためにがぶ飲みするんじゃなくて、もうちょっと味わって欲しいなと思ってしまいましたが、ワインそのものよりも、女性同士の友情にスポットを当てたお話ですので、その辺はご愛敬かなあ、と(笑)

まとめ

「ワイン・カントリー」は、有名コメディエンヌが集結した笑いと友情の物語。

細かいことは気にせずに見れる、息抜きにぴったりの映画です。

恋人や家族と…というよりは、気の合う友達とワインを飲みながら盛り上がりたい、そんな作品ですね。

この記事の筆者

NZワインラバーズ編集部

NZワインラバーズ編集部
NZワインラバーズの編集部です。ソムリエ岩須の監修の元、ニュージーランドやワインについての情報を執筆しています。
SNSフォローしてください!
Twitter ▶ @nzwinelovers
Instagram ▶ nzwine_lovers

監修

NZワインラバーズ編集部

岩須 直紀
ラジオの原稿執筆業(ニッポン放送、bayfm、NACK5)。ニュージーランドワインが好きすぎるソムリエ。栄5「ボクモ」を経営。毎月第4水曜はジュンク堂名古屋栄店でワイン講師(コロナでお休み中)。好きな音楽はRADWIMPSと民族音楽。最近紅茶が体にあってきた。一般社団法人日本ソムリエ協会 認定ソムリエ。
ボクモ(BOKUMO)
Facebook
Twitter

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会 認定 ソムリエで飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。