月ごとに振り返る2020年ニュージーランドニュース 7〜12月

月ごとに振り返る2020年ニュージーランドニュース7〜12月

国営ラジオ局、ラジオ・ニュージーランドのWebサイトに掲載されている、月ごとに振り返るニュージーランドニュースから、ニュージーランドの2020年を振り返る、下半期をお届けします!

上半期はこちらから!

RNZの6月から9月の記事はこちら

10月から12月はこちら

7月のニュース

7月は政界周りでいろいろ起こった月でした。まずHealth Minister(日本で言う厚生労働大臣)が辞任。ロックダウン中にルールを破ってビーチやマウンテンバイクに出かけていた不祥事が発覚しており降格処分は受けていましたがここにきて正式に辞任。国境での入国管理の不備の責任をブルームフィールド保健局長になすりつけるようなコメントをしたことで国民の反感を買ったことも。ブルームフィールド保健局長は毎日国民にコロナの感染状況などをテレビで伝え、国民からの絶大な信頼を集めており、今年のニュージーランドの顔のような存在に。

18人のコロナ陽性者の個人情報が漏洩し、それに議員が関わっていたことも問題になりました。

今年の総選挙で政権奪回を狙う国民党は今年二度目の党首交代という事態に見舞われ、ジューダス・コリンズが一年で三人目の党首に指名されました。これで現首相が率いる労働党が勝っても国民党が勝っても再び女性首相となることに。

8月のニュース

新型コロナウイルス100日間市中感染ゼロを記録中でしたが、”市中感染はいつ起こってもおかしくない、油断してはいけない”というブルームフィールド保健局長の言葉がその二日後に現実になり記録は102日で途絶えました。8月11日にオークランドで4人の感染が確認され、その翌日にはオクランドはLevel 3、その他の国内はLevel 2と警告レベルが引き上げられました。

感染者4人ですぐにこの決定はすごいですよね・・・

新たな市中感染に伴い、9月19日に予定されていた総選挙が10月17日へ延期に。

8月末には、オークランドの警告レベルが3から2.5に引き下げ。専門家からは時期尚早ではと懸念の声が上がりました。

またこの月に、昨年3月にクライストチャーチで起きたモスクの銃撃戦の裁判で判決。オーストラリア人の犯人に釈放の可能性なしの終身刑が言い渡されました。

9月のニュース

ユニセフによると、子供の幸福度を示すランキングで、ニュージーランドが38ヵ国中35位という結果に(日本は20位)。子供の自殺は先進国中2番目に多く、基本的な読み書きと数学の知識がある15才がたった64%でした。

対してコロナ禍では、世界で二番目に安全な国にランキングされました(この時点では1位がドイツ、3位が韓国、日本はスイスについで5位)。しかし、ニュージーランド国内でも、コロナが事実ではない、陰謀だとするグループが。フェイクニュースが広がり、厚生労働大臣が”海外の事案を見ても死亡する人が増えている恐ろしいウイルスだ。フェイクニュースにはくれぐれも注意してほしい”と警告をする事態に。オークランドのレベル2.5、その他の地域のレベル2が9月21日まで延長されました。

総選挙を控え、アーダーン首相が率いる労働党は支持率で国民党を大きく引き離しました。

10月のニュース

南島で発生した火災で、200人以上が避難、300頭の羊が死傷する事態に。そんな中ではぐれてしまったペットの猫と子羊と数日立って再会したニュースもありました。

10月17日の総選挙はコロナ関連のニュースについでニュージーランドの今年の大ニュースというべき結果に。労働党は歴史に残る大勝利をおさめ、アーダーン首相の続投が決定。初めて連立ではなく、党単独で過半数以上の議席を獲得しました。また女性閣僚が42%アップ、多様性に富んだ内閣が発足することに。

総選挙と同時の行われた安楽死(尊厳死)を認めるか否かの国民投票は賛成多数。また、娯楽用マリファナを合法化するか否かは反対多数との結果となりました。

11月のニュース

ニュージーランドの野鳥への理解を深める目的で、オールバーズが主催している”バード・オブ・ザ・イヤー“が16日発表され、Kakapoが二度目の受賞。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kakapo Recovery(@kakapo_recovery)がシェアした投稿

オールバーズってなに?という方はソムリエブログへ!

Arielle Keil(アリエル・ケール)さんがニュージーランドで初めて、トランスジェンダー女性としてミスインターナショナルニュージーランドに選ばれました。また初めて開催されたトランスジェンダーへの理解を深めるためのイベントにも出席。

12月のニュース

アーダーン首相は12月1日、気候非常事態を宣言。ニュージーランドは2025年までにカーボンニュートラル(気候中立)を目指します。

オーストラリアでは、ニュージーランドとオーストラリア、アルゼンチンの3ヵ国が参加するラグビーの国際試合、トライネーションズが開催、3ヵ国がそれぞれを相手に2試合を戦いました。世界的にもコロナ禍での初の国際スポーツイベントとなりました。オールブラックスはトライネーションズ自体は制したものの、オーストラリアに1敗、アルゼンチンに1敗と珍しい2連敗。さらに対アルゼンチンは史上初黒星と、ファンにとってはスッキリしない結果となりました。

ニュージーランドは現在も新型コロナウイルスの抑え込みを続けており、人々はマスクも、ソーシャルディスタンスも必要がない生活が送れています。ただし国境は引き続き閉鎖中です。

そして世界のどこよりもはやく、ニュージーランドは2021年を迎えました!

 

この投稿をInstagramで見る

 

The New Zealand Herald(@nzherald)がシェアした投稿

2021年もニュージーランドワインラバーズをどうぞよろしくお願いいたします!

この記事の筆者

石黒

石黒 沙弥
高校・大学時代を過ごしたNZを故郷と愛する。購入するワインは100%NZで、常備しているのはSILENIのソーヴィニヨン・ブラン。マーマイト大好き。歴代彼氏の半分以上がKiwi。
株式会社デック 取締役
Facebook

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会 認定 ソムリエで飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。