NZがアメリカズ・カップ連覇!2024年大会は再びオークランド開催決定

アメリカズカップ優勝news_1stView

3月10日からオークランドで開催されていた国際ヨットレース、第36回アメリカズ・カップで、ニュージーランドがイタリアのチームLuna Rossa(ルナ・ロッサ)を7-3で破り、4度目の優勝、2017年開催された第35回に続く初の連覇を果たしました!

 

この投稿をInstagramで見る

 

36th America’s Cup(@americascup)がシェアした投稿

本当に信じられない、チームにとってこの上なく素晴らしいことだ

と語ったのは、スポーツ史上最も古いと言われるトロフィー、アメリカズ・カップを掲げているヘルムズマンのPeter Burling(ピーター・ブーリング)。ヘルムズマンとは操舵手のことでチームのキャプテンのような立場です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The New Zealand Herald(@nzherald)がシェアした投稿

7日間で10レースが開催

アメリカズ・カップのレースは3月10日にスタート。1日2レース行われ、7レース先に勝ったほうがアメリカズ・カップを制するルール。イタリアは前半、ニュージーランドに対し一時は3-2とリード。3日のレースを終えた時点では3-3とどちらも譲らない大接戦となりました。

しかし、4日目の風が弱くレースが中止になり、5日目に再開されたレースからニュージーランドが猛攻。5日目を5-3とリードで終えた6日目、天候のため再びレースの中止が決定となる、たった30秒前ニュージーランドが逆転、6レース目の勝利をもぎ取り、優勝へ大手!

このレースはアメリカズ・カップ史上、最も素晴らしいレースと称されました。

勝利まであと一戦となった3月17日、オークランドには朝早くから大勢の人が応援に駆けつけ、お祭り騒ぎに。

前半の大接戦から一転、ニュージーランドが優勝を決めた7レース目を制するまで、5レース連続の勝利を納める結果となりました。もちろん地元オークランド開催だった有利さはありますが、何よりも素晴らしいスピードが一番の勝因だったと言えるでしょう。

レース後、イタリアのヘルムズマン、Francesco Bruni(フランセスコ・ブルーニ)は、

ここで終わらない。我々はまた必ず挑戦する。

と意気込みを語りました。

次回大会へ向けて政府から資金提供も決定

ニュージーランド首相、ジャシンダ・アーダーンはテレビで観戦。優勝が決まるといち早く祝福の言葉を送りました。

ニュージーランドがまたやってくれました!アメリカズ・カップを再びニュージーランド・カップに。我々国民みな誇りに思います。

またアーダーン首相は、再びオークランドで2024年に開催される予定の次回大会を見据え、主要選手やスタッフをニュージーランドチームに留めて置けるよう、政府が約500万ニュージーランドドル(約4億円)の資金提供を行うと発表しました。

アメリカズ・カップの元ニュージーランド代表で現在はオークランド工科大学で教授として教鞭をとるMark Orams(マーク・オラムズ)は、

ヨットレースは、テクノロジーとイノベーション、そして莫大な資金が必要なスポーツ。それをこの小さな小さな島国の、太平洋の果てにあるニュージーランドが制したのは本当に素晴らしい。全てのニュージーランド人が誇るべきことだ。

とテレビで語りました。

今回のアメリカズ・カップ、新型コロナウイルスの感染拡大を押さえ込んでいるニュージーランド開催だったのは最も良かったことかもしれません。そもそも、大会が無事に開催されましたし、大勢の人が、現地や国中で行われたパブリックビューイングに集まり、大盛り上がりを見せました。

次回2024年の第37回大会は、世界中から観客が集まれることを何よりも願いたいですね。

この記事の筆者

石黒
石黒 沙弥
高校・大学時代を過ごしたNZを故郷と愛する。購入するワインは100%NZで、常備しているのはSILENIのソーヴィニヨン・ブラン。マーマイト大好き。歴代彼氏の半分以上がKiwi。
株式会社デック 取締役
Facebook

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会認定ソムリエで、飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。


NZワイン専門店 ボクモワイン
お酒に関する情報|国税庁
未成年者の飲酒防止の推進|国税庁
在ニュージーランド日本国大使館
在日ニュージーランド大使館