初の女性マオリ総督が誕生 シンディ・キロが就任

総督_1stView

10月21日、ニュージーランドの第22代Govoner-General(総督)に、Dame Cindy Kiro(デイム・シンディ・キロ)が就任しました。ニュージーランドの先住民であるマオリ族出身の女性が総督となるのは初めてのことです。

そもそも、NZの“総督”とは?

ニュージーランドの「総督」とは、どんな役職なのでしょうか。

Governor-General of New Zealandは、マオリ語で“Te Kāwana Tianara o Aotearoa”、日本語では、“ニュージーランド総督”と訳されるこの役職、日本ではあまり話題になりませんが、実は事実上の国家元首なのです。

ニュージーランドはCommonwealth of Nations(コモンウエルス・オブ・ネイションズ)、略してCommonwealth(コモンウェルス)と呼ばれるイギリス連邦に加盟している加盟国。これには、ニュージーランドだけでなく、イギリスの旧領土であった国々が加盟しています。

ニュージーランドは1947年にイギリスから正式に独立をしていますが、現在も国家元首は、イギリスの女王、エリザベス2世です。そのエリザベス女王が、アーダーン首相の指名のもと任命し、ニュージーランドで自身の代理を務めてもらうのが、この「総督」の役目なのです。まさに事実上の国家元首と言えますね。

立憲君主制国家のニュージーランドでは、首相とその内閣が行政権を持つので、ニュージーランド国王(エリザベス女王)や総督が直接政治に関わることはありません。総督は議会・内閣の解散権、首相の任命権、解任権などを持ちますが、主な職務は国の行事や式典などへ出席、地域の学校を訪問や、スポーツイベントなどへの参加、海外からの来賓の対応などであり、その任期は慣例で5年となっています。

新総督デイム・シンディ・キロ

今年5月に新総督に就任することが決まったDame Cindy Kiroは、マオリとイギリスの血をひく女性。マオリ系女性として、初めての総督となりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Governor-General of NZ(@govgeneralnz)がシェアした投稿

Dame Cindy Kiroは、Social Policy(社会政策)で博士号、Business Administration(経営管理)で修士号をもち、マッセー大学、ヴィクトリア大学、オークランド大学で研究の指揮をとった経歴があります。オークランド大学では社会経済的状態(個人または家族の社会状況)が、学歴にどう影響するかの研究のディレクターを務めました。

また子どもたちの教育、健康、生活を守るための役職であるChildren’s Commissioner(チルドレン・コミッショナー)、Ministry of Education(日本で言う文部省)や福祉、公衆衛生など、長きに渡ってさまざまな公共の分野で指導者的役割を務めてきました。

今年、叙勲を受けており、Dame(デイム)の敬称がつきます(デイムはナイトに相当する女性の敬称)。ちなみにこのデイムの敬称は、Dame Cindy Kiroのようにフルネームか、Dame Cindyのように名前つけ、苗字には付けないルールです。

就任式は少人数で開催

現在新型コロナウイルスのデルタ株の感染拡大が続いているため、大勢が集まる式典は自粛となり、少人数での宣誓就任式が行われました。

デイム・シンディは、就任式でのスピーチで

22代アオテアロア・ニュージーランド総督に指名されたことを大変誇りに思います。また、他に類のない栄誉な形で、自分の国のために務められるチャンスをいただいたことを感謝しております。

私たちは今、大変に不安定で不安な時代を生きています。特にオークランドを中心に各地で新型コロナウイルスによる影響を受けている人が大勢います。

今、目の前にある多くの課題に、時には困惑したり、打ちのめされるような気持ちになることもあるでしょう。しかし、私たちは、正しい知識と、勇気、そして他人への思いやりを持ってすれば乗り越えられるとわかっています。

と語りました。

ジャシンダ・アーダーン首相は、

デイム・シンディを総統として迎えられたことをとても幸運に思います。

とコメント。

デイム・シンディは長い間、教育分野を初め多くの分野で指導者として活躍し、大きく貢献してくれました。

と称えました。

マオリ系のデイム・シンディは、

人口のたった17%のマオリ系の人々だけでなく、移民や難民、肉体的、精神的障がいを抱える人など全てのマイノリティに手を差し伸べ、今のニュージーランドを作り上げている全ての人々、文化を尊重し、多様性を大切にいきたい。

とも語っています。

この記事の筆者

石黒
石黒 沙弥
高校・大学時代を過ごしたNZを故郷と愛する。購入するワインは100%NZで、常備しているのはSILENIのソーヴィニヨン・ブラン。マーマイト大好き。歴代彼氏の半分以上がKiwi。
株式会社デック 取締役
Facebook

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会認定ソムリエで、飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。


NZワイン専門店 ボクモワイン
お酒に関する情報|国税庁
未成年者の飲酒防止の推進|国税庁
在ニュージーランド日本国大使館
在日ニュージーランド大使館