ニュージーランドで初の新型コロナウイルス感染者確認。国民の反応は?

2月28日に、ニュージーランドで初めての新型コロナウイルス感染者が確認。患者はバリを経由してイランから入国した、ニュージーランドの国籍を持つ60代と発表されました。

感染の経緯、陰性確認後の対応は?

もともとイランに滞在していた患者は26日にバリからの便でオークランドに到着。オークランド市内にあるオークランド市立病院にて検査を受けたところ、2度の検査は陰性。3度目で陽性と診断され、隔離・治療を受けたとのこと。

回復が確認されたのを受けて、公共の場には一切接触せず、車で自宅に帰宅。現在は、3名の家族とともに自宅で隔離中。保健所の職員によって日々状況がモニターされています。

この感染者と接触があったとされる人、また同じ飛行機に搭乗していた旅行者のうち、感染者の席の前後2列に座っていた人すべてに政府から連絡がいき、自宅待機が要請されました。

Minister of Health(日本でいう厚生労働大臣)のDavid Clark(デービッド・クラーク)は「もっとも理想的な対応がなされた」と断言しています。

ニュージーランド国内で感染が大きく広がる可能性は低いとされていますが、これだけ世界中で大騒ぎになっているコロナウイルス。お隣のオーストラリアでは初めての死亡者がでたばかり。心配するなという方が難しいのかも・・・。

パニックはどこも同じ?スーパーで買い占め

ニュージーランド初めての感染者の確認がメディアで報じられると、ニュージーランドのあちこちのスーパーで食料品や日用品を買い込む長蛇の列が・・・!

客が殺到し、入場制限をする店舗も出てくるほど。

Coronavirus: Customers restricted at Pak’nSave stores as people ‘panic buy’

こちらはCountdownというスーパーの、ある店舗の棚の様子・・・。空っぽです。

ニュージーランドを代表するお値打ちスーパー、Pak’nSave(パックンセーブ)に来ていた客の一人は

まるでこの世の終焉に備えるように買い込む人が大勢いた

とコメント。

「冷静に。」アーダーン首相が国民に呼びかけ

Jacinda Ardern(ジャシンダ・アーダーン)首相は、3月1日の会見で、

ニュージーランドで感染者が確認された時を想定し、何週間にもわたって入念な準備をして来た。

として、感染者が確認されるまで、されてからの対応が十分に適切であったことを再度国民に伝えた後、落ち着いて行動するように語っています。

If you need a bottle of milk, go and get it. If you don’t, do not react in any other way than you would any other day.

「牛乳がなくなったなら買いに行って、必要なければ買わないで。いつも通りの行動を心がけましょう。」

また、不用意に不安を煽るメディアやフェイクニュースに対しても注意喚起。

政府のWebサイトから正しい情報を得ること、FacebookなどのSNSの不明瞭なニュースに振り回されないよう呼びかけました。

Ministry of Health(日本でいう厚生労働省)のWebサイト

また、健康に関する相談は、0800-611-116のフリーダイヤルで受付がされています。(電話番号の0800が日本でいう0120)

Prime Minister Jacinda Ardern urges calm over coronavirus case

こちらの記事で、明るくポジティブに話すアーダーン首相の会見の映像が見られます。

今後もニュージーランドの最新コロナウイルス関連のニュースをお伝えしていきたいと思います。

この記事の筆者

石黒

石黒 沙弥
高校・大学時代を過ごしたNZを故郷と愛する。購入するワインは100%NZで、常備しているのはSILENIのソーヴィニヨン・ブラン。マーマイト大好き。歴代彼氏の半分以上がKiwi。
株式会社デック 取締役
Facebook

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。