ボジョレー地区(Beaujolais)

ボジョレー地区は、ブルゴーニュ地方の最南端に位置する広大なワイン産地です。(※「ボージョレ」とも言い、カタカナで表記する際「ボージョレ」を使用する場合もあります。)

この地区は、花崗岩を基盤とする丘陵地帯で、赤ワイン用ぶどう品種の「ガメイ」を栽培するのに適しています。そのため、生産されるワインのほとんどが、ガメイをつかった赤ワインです。

毎年11月の第3木曜日に解禁される「ボジョレー・ヌーヴォー」は世界的に有名ですが、日本では特にその人気が高く、輸出される「ボジョレー・ヌーヴォー」のうち約半数が日本向けです。

この地区のワインは、「ヌーヴォー」に注目が集まりがちですが、高品質な長期熟成タイプのワインも定評があります。

特に「クリュ・デュ・ボジョレー」と呼ばれる10地区は、複雑で深みのあるガメイのワインがつくられる産地として知られています。

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会認定ソムリエで、飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。


お酒に関する情報|国税庁
未成年者の飲酒防止の推進|国税庁
在ニュージーランド日本国大使館
在日ニュージーランド大使館