混醸法(vendange mixte)

混醸(こんじょう)法は、複数の品種のぶどうを同一のタンクで醸造してワインをつくる方法です。ロゼワインのつくり方で採用されることもあるほか、フィールド・ブレンドなどでもこの方法が採用されます。

これに対し、出来上がった単一品種のワインをブレンドして味わいを整えることを、アッサンブラージュ法と言います。

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会 認定 ソムリエで飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。