瓶内二次発酵(びんないにじはっこう)

スパークリングワインの製法の1つ。瓶の中で二回目の発酵をすること。あるいはそうして作ったワインを指します。

シャンパーニュ」や「カヴァ」など伝統的なスパークリングワインではこの方法が採用されます。

その手順を簡単に説明します。

まず、アルコール発酵を終えた「スティルワイン」と呼ばれる「泡がない状態のワイン」を瓶詰めします。

そこに「糖」と「酵母」を加え、王冠やコルクで栓をし、密閉状態にした瓶内で二回目の発酵を起こさせます。そのとき、発酵時に生まれた二酸化炭素は、瓶内のワインに溶け込みます。

このようにして、瓶の中で二回目の発酵をした=瓶内二次発酵をしたワインに溶け込んだ泡は、きめ細やかで優しい口当たりとなります。これが、高級なスパークリングワインの証となります。

瓶内二次発酵は、別名「トラディショナル方式」「シャンパーニュ方式」とも呼ばれます。

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。