リーデル(Riedel)

オーストリアで創業260年以上の歴史を持つ老舗ワイングラスメーカー。

「ワインの種類によって、そのポテンシャルを最大限に引き出すグラスの形状が異なる。」という考えを初めて提案したグラスメーカーで、これが現在でもワイン業界に広く受け入れられています。

リーデルのワイングラスが世界に広まるきっかけとなったのは、1973年に発売された“ソムリエ・シリーズ”でした。このソムリエ・シリーズが、現在のワイングラスの基本を作ったとも言われています。

リーデルのワイングラスは、ワインの生産者達とのワークショップ(テイスティング)を繰り返して開発されるのが特徴。

NZワインの場合、例えば、ピノ・ノワールの名産地であるセントラル・オタゴのワインメーカー達の協力を得て「セントラル・オタゴ・ピノ・ノワール」というグラスを開発しています(現在は名称変更)。

また、マールボロソーヴィニヨン・ブランが最大限に楽しめる「マールボロ・ソーヴィニヨン・ブラン」も商品化されています。

 

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会 認定 ソムリエで飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。