サステイナブル・ワイングローイング・ニュージーランド(Sustainable Winegrowing New Zealand™)

「サステイナブル・ワイングローイング・ニュージーランド(Sustainable Winegrowing New Zealand™(SWNZ)」は、ニュージーランドワイン生産者協会(ニュージーランド・ワイングロワーズ)によって1997年に設立された認証プログラムです。

このプログラムは、ワインづくりにおけるぶどうの栽培や醸造まで、環境保全を目的とした基準が設けられており、環境保全の先進国であるニュージーランドで、世界に先駆けて開始されました。

その基準は厳しく、化学的な農薬を極力使わずぶどうを栽培することだけでなく、醸造時にワイナリーから排出される様々な物質にも細かい配慮が必要となります。また、日々それらのデータを監視、測定をして、環境負荷の削減に努める必要があります。

サステイナブル(sustainable)」は直訳すると「継続可能な」という意味。今現在だけでなく「未来」の自然環境も守るという意味が込められており、あらゆる分野で使われている言葉です。

SWNZでは、「水」「廃棄物」「害虫・病気」「気候変動」「人」「土壌」という6つの領域にフォーカスされており、自然環境はもちろんワイン産業における人々の継続的な雇用の創出にまで言及されています。

現在公式サイトでは、NZの約96%のぶどう畑がこの「サステイナブル・ワイングローイング・ニュージーランド」の認証を受けていると報告しており、その基準をクリアした畑のぶどうから作られたワインには、サステイナブル認証のマークがつけられています。

NZWS

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会認定ソムリエで、飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。


NZワイン専門店 ボクモワイン
お酒に関する情報|国税庁
未成年者の飲酒防止の推進|国税庁
在ニュージーランド日本国大使館
在日ニュージーランド大使館