キュヴェ(cuvée)

フランスワインなどでよく見かける「キュヴェ(cuvée)」または「キュベ」という言葉には、複数の意味があります。

フランス語である「キュヴェ(cuvée)」は、ワインの発酵槽(タンク)という意味の「キューブ(cuve)」から派生した言葉だと言われています。そして、それは一般的なワインとシャンパーニュでは、違う意味合いで使われます。

まず一般的なワインの場合、下記のような意味があります。

  1. 発酵槽(タンク)の中の発酵中のワイン
  2. 特別にブレンドされた良質なワイン
  3. 特別な畑で育ったぶどうや選果されたぶどうをつかったワイン
  4. 特別に仕込まれたワイン

少し分かりづらいですが、瓶詰め前〜瓶詰め後まで幅広く使われる言葉であるということです。そして、多くの場合「良質なワイン」という意味合いで使われます。

また、シャンパーニュでは、4000kgのぶどうから最初に絞った2050リットルの一番搾汁のことを「キュヴェ」、あるいは「テート・ド・キュヴェ(Tete de Cuvee)」と言います。

加えて、シャンパーニュにおける「プレステージ・キュヴェ」(英語)または、「キュヴェ・プレスティージュ」(フランス語)という呼び名は、各メゾンがそのブランドの名にかけてリリースする、最上級のものを指します。それらは主に、単一ヴィンテージのぶどうで作られます。

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会 認定 ソムリエで飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。