酒精強化ワイン(fortified wine)

「酒精」は「アルコール」という意味で、「酒精強化ワイン」と呼ばれるものは、醸造の工程で40〜80%のアルコールを添加してつくられる、アルコール度数の高いワインを指します。

ちなみに英語では「フォーティファイド・ワイン(fortified wine)」と言いますが、“fortify”には、アルコール度数を高めるという意味があります。

「酒精強化ワイン」の醸造工程で、アルコールが添加されるタイミングは様々で、ぶどう果汁に入れる場合や、発酵中、発酵後に添加する場合もあります。添加されるアルコールの種類は、ブランデーやぶどうを原料としたアルコール度数を高めたものなどが一般的です。

酒精強化は主に、イベリア半島など、夏に気温が高くなるせいでワインの管理が難しい地域の生産者たちが、ワインの酸化・腐敗防止の目的などでつくりはじめられました。

ワインの保存性を高める以外にも、ワイン全体のアルコール度数を高めたり、ワイン全体にコクを出す目的で酒精強化を行う生産者もいます。また、ワインはぶどうの中の「糖」が発酵によってアルコールに変わって完成しますが、発酵途中で強いアルコールを添加すると、糖をワインの中に残すことができます。このような酒精強化の方法で甘口ワインをつくる場合もあります。

酒精強化でつくられるワインは、アルコール度数が15%〜22%になることが多いです。

代表的な酒精強化ワインには、以下のものがあります。

種類
スペイン シェリー
ポルトガル ポート 、マデイラ
イタリア マルサラ
フランス ヴァン・ドゥー・ナチュレル、
ヴァン・ド・リキュール

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会 認定 ソムリエで飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。