マーティンボロ(Martinborough)

マーティンボロは、ニュージーランド北島のワイララパ地方にある3つのサブリージョンの1つで、ピノ・ノワールの名産地として世界でも高い評価を得ているエリアです。NZの、G.I.としても登録されています。

NZワインの産地としては、地方名である「ワイララパ」よりも、この「マーティンボロ」という小さな地区の方が知名度が高いため、ほとんどのマーティンボロの生産者はワイララパではなく、ラベルに「マーティンボロ」と表記しています。

マーティンボロがワイン産地として注目を集めたのは、1970年代前半にニュージーランド政府の研究機関によって行われた地質調査がきっかけでした。その調査により、マーティンボロがフランス・ブルゴーニュ地方の気候や土壌の条件とよく似ていることがわかり、その結果を受けて「アタ ランギ」や「ドライリバー」「マーティンボロ ヴィンヤード」などのワイナリーがワインづくりをはじめました。

この地域のピノ・ノワールは、果皮がやや厚く豊かな酸味を持ちます。出来上がるワインは、ピノ・ノワールにしてはやや濃いめの色彩で、しっかりとしたボディを持つことが多く、香りはプラム、チョコレート、さらに獣っぽい香りも感じられるのが特徴です。

また、ピノ・ノワール以外の黒ぶどうでは、メルローカベルネ・ソーヴィニヨンといったボルドー品種や、シラーテンプラニーリョなども育てられています。

白ワインでは、樽の風味を効かせたシャルドネをはじめ、ソーヴィニヨン・ブランリースリングゲヴュルツトラミネールといったアロマティック品種も高品質なものを生み出しています。

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会認定ソムリエで、飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。


NZワイン専門店 ボクモワイン
お酒に関する情報|国税庁
未成年者の飲酒防止の推進|国税庁
在ニュージーランド日本国大使館
在日ニュージーランド大使館