リザーブワイン(Reserve wine)

「リザーブワイン」とは、主にシャンパーニュの用語として使用されることが多い言葉です。

シャンパーニュをつくる際、最新ヴィンテージのワインに、それよりも前につくられたワインをブレンドすることが多く、このブレンド用にとっておいたワインのことを「リザーブワイン」と言います。

比較的寒い産地であるシャンパーニュは、ぶどうの質を毎年安定させることが難しいとされていますが、保管しておいたリザーブワインを加えることで、毎年変わらない品質のシャンパーニュを製造することが可能になります。

ただ厳密にいうと「リザーブワイン」という言葉は、シャンパーニュ以外でも使われているワイン用語です。それは国によって、表記やルール、意味合いが異なります。

法的なルールがあるのは、イタリア、スペイン、ポルトガルなどの国です。

国/表記 主なルール
イタリア/Riserva(リゼルヴァ) 該当のワインが、最低熟成期間を満たしていること
スペイン/Reserva (レセルバ) 該当のワインが、最低熟成期間を満たしていること
ポルトガル/Reserva(レゼルヴァ) アルコールの最低基準を満たすことや、瓶詰めにされていること

一方、フランス、アメリカ、チリなどの国には、法的なルールはありません。しかし一般的には、通常よりも長く熟成させたワインにこの言葉が用いられることが多いようです。

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会認定ソムリエで、飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。


NZワイン専門店 ボクモワイン
お酒に関する情報|国税庁
未成年者の飲酒防止の推進|国税庁
在ニュージーランド日本国大使館
在日ニュージーランド大使館