野生酵母(Wild yeast)

野生酵母とは、空気中や土の中、野菜や果物など、自然界に存在する天然の酵母のことを言います。

微生物の一種である酵母は、糖をアルコールと炭酸ガスに分解する為、ビールや日本酒、ワインなどのお酒づくりには欠かせない存在です。

生産者の中には、人間の手によって培養された酵母ではなく、その土地に由来する野生酵母をつかう人たちもいます。

一般的に、培養酵母でのアルコール発酵は、発酵の進行をコントロールしやすいため、狙った香りや味わいを生み出しやすくなります。そのため、安定した品質のワインづくりには、培養酵母の使用が向いていると言われます。

野生酵母を使うと、発酵がどう進むかを掴みづらくなりますが、うまくいくと複雑な味わいを生み出す可能性が高まると言われます。

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会認定ソムリエで、飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。


NZワイン専門店 ボクモワイン
お酒に関する情報|国税庁
未成年者の飲酒防止の推進|国税庁
在ニュージーランド日本国大使館
在日ニュージーランド大使館