ロゼワイン(Rose wine)

ロゼワイン

「ロゼ」とはフランス語で「バラ色」。ロゼワインとは、ピンク色のワインの総称です。淡いピンクから赤ワインに近いピンクまで、様々な色のバリエーションがあります。

フランスのワインの消費量では、ロゼワインが白ワインを上回っており、定番のワインとして定着しています。またその流れは世界に広まりつつあります。

ロゼワインの作り方には、セニエ法、直接圧搾法、混醸法アッサンブラージュ法があります。

EUでは赤ワインと白ワインを混ぜて作るアッサンブラージュ法はシャンパーニュ以外では基本的に認められていません。

ニュージーランドでは、ピノ・ノワールメルローなどの赤ワイン用ぶどう品種から作ったロゼワインが多いですが、中には、ソーヴィニヨン・ブラン(白ワイン用ぶどう)をメインの品種としたロゼワインも見かけることができます。これはソーヴィニヨン・ブランに少量の赤ワイン(あるいはロゼワイン)を混ぜるアッサンブラージュ法によるものが多いです。

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。