アロマティック品種(aromatic varieties)

はっきりとした香りがあり、ぶどうの個性が際立っている品種のことをいいます。アロマティック品種の代表的な品種は、リースリングピノ・グリゲヴュルツトラミネールソーヴィニヨン・ブランヴィオニエなどです。

アロマティック品種のぶどうを使ってワインをつくる場合、多くの生産者はの使用を抑えるなどして、それぞれの品種が持っている香りの特徴を活かすつくり方をします。

アロマティック品種とは違い、ぶどう本来の香りが控え気味な品種はニュートラル品種やノン・アロマティック品種と呼ばれ、シャルドネ」や「甲州」などがその代表的な品種です。

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会認定ソムリエで、飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。


NZワイン専門店 ボクモワイン
お酒に関する情報|国税庁
未成年者の飲酒防止の推進|国税庁
在ニュージーランド日本国大使館
在日ニュージーランド大使館