ピノ・ムニエ(Pinot meunier)

フランスのシャンパーニュ地方で主に栽培されているシャンパーニュの原料となる赤ワイン用ぶどう品種の1つです。

シャンパンに使用されるぶどう品種は、シャルドネピノ・ノワールとピノ・ムニエの3種。

このぶどうの葉の裏に白い産毛があり、それが白い粉に見えることからフランス語で「粉屋」を意味する「ムニエ」と呼ばれるようになりました。

ピノ・ムニエから作られるワインは、香りはさくらんぼやイチゴなどで、柔らかな果実味が感じられ、味わいも優しく穏やかです。

ドイツでもこの品種は作られていますが、それはスパークリングワインではなくスティルワインとして作られることが多いです。

また、ニュージーランドでも少数ですがピノ・ムニエを栽培する生産者も存在します。

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会認定ソムリエで、飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。


NZワイン専門店 ボクモワイン
お酒に関する情報|国税庁
未成年者の飲酒防止の推進|国税庁
在ニュージーランド日本国大使館
在日ニュージーランド大使館