マオリ族(Māori)

マオリ族は、ニュージーランドにイギリス人が入植する前から住んでいる先住民族です。

諸説ありますが、約1,000年以上前にポリネシア諸島の「ハワイキ」という島からカヌーに乗ってやって来たと言われています。

「マオリ」とはマオリ語で「普通の人」という意味で、別の呼び方で「タンガタ・フェヌア=この土地の人」とも言います。

ニュージーランドでは人口の約15%がマオリ族で、彼らの伝統的な生活や文化は大切に守られています。

マオリ族には独自の文字体系がなかった為、口語や踊り、彫刻、タトゥーなどでその文化が継承されてきました。

その最も有名なものは「ハカ」と呼ばれる民族舞踊で、ラグビーのニュージーランド代表オールブラックスが試合前に踊ることでも知られています。ハカは、もともとマオリ族の戦士が自らの士気を高め、相手を威嚇するために舞う舞踊です。

マオリの文化はワインづくりにも影響を与えていて、例えば、ワイナリーやワインの名前にもマオリ語が起用される例はとても多いです。

また近年、NZのワインづくりで重視とされている考えが「トゥーランガワエワエ」というマオリの言葉。「私の立っている場所」という意味です。

この「トゥーランガワエワエ」は、ぶどうが育ちワインが作られる環境「テロワール」とも似ていますが、微妙にそのニュアンスは異なります。

「テロワール」が、ワインを作る人間から畑などの自然環境を見た言葉であるのに対し、「トゥーランガワエワエ」は、自分がその土地を耕し、またその耕された土地から自分も影響を受ける、そんな自然と人間の相互関係を表した言葉と言われています。

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。