ニューワールド(新世界)

ワインを生産する国は、その歴史から「オールドワールド(旧世界)」「ニューワールド(新世界)」とに分類されます。

ニューワールドとは、ヨーロッパのワイン生産国・地域と比較して、歴史が新しい生産国の総称です。

  • アメリカ
  • チリ
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • アルゼンチン
  • 南アフリカ
  • カナダ
  • 日本

などが含まれます。

オールドワールド(ヨーロッパ)の長い歴史で培われたワインづくりの技術を取り入れながらも、慣習にとらわれない自由なワインづくりを好む傾向にあります。

また、ぶどうの品種がラベルに表記されているものが多く、初心者が品種の特徴をつかむのに適したワインが多いです。リーズナブルな価格帯のワインが充実している

しかし、その実力は決して侮ることはできません。それぞれの国でその土地の特徴を反映した個性あふれるワインが生産されています。もちろん、1本1万円を超えるような高級ワインも数多く存在します。

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会 認定 ソムリエで飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。