ミュラー・トゥルガウ(Müller-Thurgau)

ミュラー・トゥルガウ

ドイツで開発された、白ワイン用ぶどう品種。

1882年にドイツのガイゼンハイム研究所で、リースリングとマドレーヌ・ロイヤルを交配してつくられたぶどう品種です。

開発者のヘルマン・ミュラー教授がスイスのトゥルガウ州出身であったことから「ミュラー・トゥルガウ」と名付けられました。

ミュラー・トゥルガウのワインは、フレッシュで口当たりの良い爽やかなスタイルが特徴で、若いうちに飲まれることがほとんどです。

主な栽培地はドイツやオーストリアなどですが、早熟で、収量も多く、病気にも強いことから、世界中で栽培されています。

以前はニュージーランドでも、ギズボーンマールボロ地方を中心に積極的に栽培されていましたが、現在は他の品種に取って代わられ、あまり見かけない品種になりました。

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。