ボージョレ・ヌーヴォー(Beaujolais nouveau)

フランスのブルゴーニュ地方の南部に位置するボージョレ地区で作られる新酒の赤ワイン。品種はガメイ。毎年11月の第3木曜日に解禁されます。

もともとはボージョレ地区の収穫祭のために作られましたが、その後、世界中で人気になりました。

特に日本では日付変更線に近い国ということで「世界で最も早くボージョレ・ヌーヴォーが飲める」という売り文句がヒット。2004年には100万ケースを超えるボージョレ・ヌーヴォーが日本に輸入されました。

ブームがひと段落した今も人気は根強く、輸出されたボージョレ・ヌーヴォーのうち、約半数は日本に入ってきています。

ボージョレ・ヌーヴォーは、マセラシオン・カルボニックという特殊な早仕込みの方法で作られるのが特徴です。この方法だと、その年のぶどうの良し悪しがダイレクトに反映されるので、このワインが美味しい年は、その年のブルゴーニュ南部のワインの質にも期待が高まります。

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会 認定 ソムリエで飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。