スキンコンタクト(skin contact)

ぶどうを除梗し破砕したあとの果汁に、果皮を一定の時間漬け込んでおく工程のこと。

このスキンコンタクトは赤ワインを醸造する際には必ず行われます。

一方、白ワインではこの工程を経ない方法が一般的ですが、生産者によっては、白ワインでも果皮の中にある成分を果汁に移すことを狙って、スキンコンタクトをする場合があります。

よって、あえて「スキンコンタクト」という言葉を使う際は、白ワインの醸造工程で果皮を漬け込むことを指すことが多いです。

フランス語では、マセラシオン・ペリキュレール(macération pelliculaire)と言います。

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会認定ソムリエで、飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。


お酒に関する情報|国税庁
未成年者の飲酒防止の推進|国税庁
在ニュージーランド日本国大使館
在日ニュージーランド大使館