サンジョヴェーゼ|イタリアを代表する品種でパスタやピザのお供に最高

サンジョヴェーゼ(Sangiovese)は、イタリアワインを代表する赤ワイン用ぶどう品種です。

イタリアで有名すぎるくらい有名な赤ワインが、「キャンティ」

キャンティとはイタリア中部のトスカーナ州の地域名であり、そこで作られたワインを主に指します。

そのキャンティに使われている主要な品種が、本章で取り上げるサンジョヴェーゼです。

イタリアはフランスと並ぶワイン大国ですが、ワイン法による規制が厳しいフランスに比べて、かなり自由なムードがあり、ワインに関するルールが地域ごとに乱立してしまった経緯のある国。つまり、ワインの全体像がつかみにくいとも言えます。

そんなイタリアワインの中でも、ひときわ有名でファンの多い品種がこのサンジョヴェーゼと言うことが出来ます。

ひとくちで言い表せない多種多様さが特徴

ただし、サンジョヴェーゼの特徴は多種多様で、ひとくちでその特徴を言い表すことは困難です。

しかし、ザックリとしたところで言うと

  • 透明な赤紫色から濃いルビー色
  • はっきりした酸味
  • 適度な渋み
  • キメの荒いタンニン(苦味成分)
  • いちごやさくらんぼ、プラムの香り

以上のような特徴が、サンジョヴェーゼの共通ポイントとして挙げられることが多いです。

あのイタリア・キャンティの主要品種として活躍

イタリアワインを語るに外せない「キャンティ」。

キャンティはイタリア中部トスカーナ州の地名で、イタリアを代表する大きなワイン産地です。

ここでつくられるワインの総称を「キャンティ」と呼び、主要品種としてサンジョヴェーゼを75〜100%使います。

そして、古くから高品質なキャンティを作っている更に少域の地域があり、こちらで作られたワインを「キャンティ・クラシコ」と言います。

もともとキャンティでは素晴らしいワインが作られていたのですが、キャンティが人気になると、その近くの地域もワインを売るために「キャンティ」の名前を使うようになり、キャンティが乱立する結果になりました。

それではいけないと動きだした地元の人々が「我々こそ、元祖キャンティだ!」と言わんばかりに、キャンティ・クラシコという名前をつけて、区別がしやすいようにしたのです。

キャンティ、キャンティ・クラシコの違いは下記のようになっています。

種類 地域・特色
キャンティ 新規参入のワイナリーもあり、
品質は多種多様。
お手軽なもの〜高級なものまで。
キャンティ・
クラシコ
古くからキャンティを、
作っている。高級ワイン。
黒い鶏の絵が印

決してキャンティが劣るというわけではなく、様々な品質のものが混在しているというような状況です。

ですが自由なイタリアの国のワインはだいたい飲みやすいものが多いので、キャンティを見つけたら是非挑戦してみてほしいです。

サンジョヴェーゼに合う食事

サンジョヴェーゼに合う食事は、なんといってもイタリア料理。

トマトの酸味によく合うので、ピザやトマトソースのパスタにはぴったりでしょう。

まだまだマイナーなニュージーランドのサンジョヴェーゼ

フランス原産の品種が多くを占めるニュージーランドでは、イタリアのサンジョヴェーゼは、まだまだマイナーな存在です。

しかし、チャレンジ精神旺盛な生産者も多いニュージーランドでは、実験的にサンジョヴェーゼを畑に植えているワイナリーも出始めています。

大沢ワインズ

大沢ワインズは、ニュージーランドの北島、ホークス・ベイ地方のワイナリーです。

オーナーである日本人の大沢 泰造さんが55歳の時に一念発起し、海外で農業がしたいという長年の夢を叶えるべく、2006年にニュージーランドに渡りました。

ホークス・ベイ地方はとてもぶどうの栽培に向いた地域で、大沢さんはこの地でなるべく手作業にこだわってぶどうを育てています。

大沢ワインズのサンジョヴェーゼは大変すばらしく、2011年に開催されたメルセデス・ベンツ主催のホークス・ベイのワイン大会ではサンジョヴェーゼがブロンズ賞を獲得しました。

▶大沢ワインズ

まとめ

イタリアの赤ワイン代表、サンジョベーゼ。

気軽に飲める赤ワインですが、多種多様であることが特徴なので一言では表現できない奥深さをもった品種でもあります。

ニュージーランドではまだマイナーですが、是非これから注目したい品種です。

 

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。