プティ・ヴェルド|知っていると「通」になれるかも知れない赤ワインのスパイス

「プティ・ヴェルト」(Petit Verdot)

口ずさむだけで何だかフランスの風が吹いてくるような、おしゃれな感じがしませんか?

響きがフランス語っぽいですよね〜♪

でも、きっと「この名前を今日初めて聞いたよ!」という人も多いはず。

それもそのはずでプティ・ヴェルトは主に、他のぶどうとブレンドする為に栽培されていることが多いのです。

プティ・ヴェルトは、古くからフランスのボルドー地方で複数のぶどうをブレンドする際に使用されてきました。

「ボルドーブレンド」とは、ボルドー地方でのワインのブレンド製法です。しかし、ボルドー以外の地域でもボルドーブレンドの製法で赤ワインをつくるワイナリーは多数存在します。
ボルドーブレンドという場合は、カベルネ・ソーヴィニヨンメルローの2品種が主にブレンドされ、

カベルネ・フラン、カルメネール、マルベックプティ・ヴェルドの4つのぶどう品種が補助的にブレンドされます。

なので「プティ・ヴェルトは、ボルドーブレンドに使用される赤ワイン用のぶどう品種」と、覚えておくといいでしょう。

しかしプティ・ヴェルトを赤ワインに入れる場合、それは5%以下であることが多く、全体に複雑味を加える役割で使用されます。

サポート役のイメージが強いプティ・ベルトですが、ここ最近はなんとここ私達の住む日本で栽培面積を増やしており、高品質な100%プティ・ヴェルドがつくられています。

2016年の伊勢志摩サミットのランチでは、山梨県の丸藤葡萄酒のプティ・ベルトが提供されたことでも話題になりました。

誰もが認める名脇役なはずだったのに、単一でも素晴らしいなんて。小悪魔的というか、二面性が魅力的ですよね。まだまだ魅力が開花されていく予感のする、注目したいぶどう品種の1つです。

またこのサイトでご紹介しているニュージーランドでは、白ワインのソーヴィニヨン・ブランがとても有名ですが、果実味溢れる赤ワインも素晴らしく、プティ・ヴェルトもまたブレンド用に栽培されています。

今日このページに立ち寄ってくださった方は、是非プティ・ベルトを知ってワインの通になりましょう!

強力なキャラクターで赤ワインのブレンドになくてはならない存在

プティ・ヴェルトは先にも触れたように、主にブレンド用として使われフランス全土でも栽培されています。

このぶどうは収穫期が遅いことが特徴で、他品種と比べると育てにくかったり、収穫量が少ない傾向にあり、それがブレンド用に少量しか使われない理由でもあります。

しかし果皮が濃く、外観や味わいも濃厚なプティ・ヴェルトは、その強力なキャラクターで赤ワインになくてはならない存在です。

フランス南西部が原産地ですが、他に産地として有名なのは

  • スペイン
  • オーストラリア

などで、全世界で栽培がされています。

外観や味わいの特徴

外観は濃い色合いで、深い紫色。

豊富なタンニンと、しっかりとした酸が、このぶどうの最大の特徴です。

果実味も豊富に感じられ、その傾向はアメリカやオーストラリアなどの温かい国でより顕著になります。

ゆっくりと育つ品種なので、完熟まで十分に時間をかけられる温暖な気候での栽培が適しています。

香りは、ブラックチェリー、プラムに、すみれなどが感じられます。

その強さを味わうならスペイン産・日本産などの単一品種がおすすめ

プティ・ヴェルドの特徴を知ったら、今度は実際に飲んでみましょう♪

楽しみ方は様々ですが、初心者の人でも楽しめる簡単なポイントをお伝えします。

名脇役の特徴を知ってこそ、ワイン全体を理解することができる

「プティ・ヴェルドがどんな味わいなのか?」

そのことを自分の体験から話せる人は、ワインが好きな人でも少ないはず。

やはりそのほとんどが赤ワインに5%ほどしか入れられていないので、「これが正にプティ・ヴェルトだ!」と感じられる機会が少ないんですよね。

お料理で言えば、カレーに入っている隠し味のようなものということですか?

そうそう、正にそんなイメージです。料理でも全体から隠し味だけを取り出して感じるのは至難の業ですよね。

しかしスペイン産や、日本産ならばプティ・ヴェルト100%のものが手に入るので、是非一度試してみてください。

隠し味が何となくでもわかれば、料理もワインも楽しくなりそうですもんね。

補助品種の特徴を知っておくことで、赤ワインのブレンドについても理解が深まっていくでしょう。

プティ・ヴェルト100%のワインは、何と言っても「強さ」が特徴です。

赤ワインの表現としてはフルボディという言葉が度々使用されますが、それらは酸味、渋み、果実味などが豊富で、コクや重みのあるワインを指します。

プティ・ヴェルト100%のワインは、まさにフルボディそのものです。

食べ物との相性:キーワードは「牛肉」、「熟成」

ブレンドではない単一のプティ・ヴェルドが手に入ったら、是非食事と合わせてほしいです。

おすすめは牛肉ステーキや、赤身の厚切り肉。なかでも熟成肉をおすすめします。

力強く濃厚なプティ・ヴェルドにも負けないものをイメージして、考えていくといいでしょう。

ビーフシチューや、ローストビーフなどもいいですし、牛肉以外ではラムチョップなどもオススメです。

ラムチョップ グリル

熟成のものでは、チーズなんかも相性はいいです。

日本でも徐々に人気に。世界での栽培状況

プティ・ヴェルドはスペインで最も栽培されており、次にフランス、オーストラリア、アメリカなどが続きます。

その他には南アフリカ、アルゼンチンなど世界各地で栽培されています。

フランス

フランスでは、カベルネ・ソーヴィニョンや、メルローとよくブレンドされます。

気品溢れるこの地方のカベルネ・ソーヴィニョンなどに、元気いっぱいのプティ・ヴェルドを少量足すことで、豊富な酸や濃厚な果実味が加わり、完璧な1本のワインになるからです。

日本

近年では、日本に最もあう赤ワイン用ぶどう品種が「プティ・ヴェルド」だ!と言う生産者もいて、人気が高まっています。

どうやら、成長のゆっくりなプティ・ヴェルドは、温暖な気候の日本の地域と相性がいいようなんです。

特に山梨県の南側では素晴らしいプティ・ヴェルドが出来上がります。

ニュージーランドではより温暖な北島で栽培

ニュージーランドでは、北島のホークス・ベイ地方など温暖な地域でプティ・ヴェルドが栽培されています。

フランス同様、主に赤ワインのブレンド用としてつくられています。

まとめ

酸味、渋み、果実味などが豊富で、コクのあるフルボディ。

そんな強い個性を活かし、ボルドー地方でブレンド品種として活躍していたプティ・ヴェルド。

かつてはそのブレンドで数パーセントでしか存在感をしめしていませんでしたが、近年では日本でも栽培面積が増え、100%プティ・ヴェルドのワインも生産されています。

是非探してみてくださいね。

 

 

 

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会 認定 ソムリエで飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。