コノ マールボロ ソーヴィニヨン・ブラン 2019

レビュー日 2020.08.26
地域 マールボロ
ワイナリー コノ(Kono)
品種 ソーヴィニヨン・ブラン
収穫年 2019
香り 軽めのハーブ、柑橘系
アルコール 12.5%
シーン 夏のバーベキューにキンキンに冷やしてどうぞ。
購入先リンク ▶リカーマウンテン オンラインショップ
希望小売価格 1,480円(税別)

岩須

フルーツのニュアンスはやや控えめで、どちらかと言うと酸味が主体のワイン。リーズナブルなので、気軽に飲めるのが良いですね!

コノ ソーヴィニヨン・ブラン 2019グラス

色は淡めのグリーンのトーン。透明感があり、典型的なニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランの色合いです。

コノ ソーヴィニヨン・ブラン 2019グラス

マールボロのソーヴィニヨン・ブランの典型的な香りといえば、グレープフルーツ、パッションフルーツ、ハーブなどがあげられます。

しかし、このワインにはそんなフルーツ香もあるんですが、それよりも青いハーブの香りをより強く感じます。

清涼感が強い、ライトなハーブの印象ですね。香り自体はそれほど強くありませんが、軽やかで心地のよいハーブの香りと、レモンやライムのような柑橘類を絞ったようなフレッシュな香りが楽しめます。

味わってみますと、他の一般的なマールボロのソーヴィニヨン・ブランとは、はっきりとした違いがありますね。

まず、酸味の強さです。香りで感じたようなレモンやライムのようなシトラス系のキリッとした酸味が特徴です。

そして余韻には、ほのかなイタリアンパセリやチャービルなどの心地よいハーブを感じます。

非常にすっきりとした味わい。甘さを感じない、ボーンドライなワインだと思います。

フルーツのニュアンスはやや控えめで、どちらかと言うと酸味が主体。酸味が効いたドレッシングが合いそうな料理を引き立たせるワインだと思います。

ワイナリー 「コノ」について

「コノ(KONO)」は、南島ネルソン地方に本拠を置くマオリ族の企業Kono NZ LPが手掛けるワイナリー。

マオリ文化の意思を継ぎながら、NZ最大のぶどう産地マールボロ地方や、ネルソン地方の厳選された畑から生み出される高品質なワインは、世界的に高い評価を受けています。

コノ ソーヴィニヨン・ブランラベル

「KONO」のロゴは、4つパートに分かれたアルファベットの「K」が線で描かれています。

「線」は自然と人間の世界の接点であると考えられ、「4」という数字は、ニュージーランドの大地から四方向に吹き抜ける風が表現されています。

また「KONO」とは、マオリ族が伝統的なおもてなしをするときに使う、料理を盛るバスケットのことを指します。

マオリとしてのアイデンティティの中心にあるものは、思いやり、優しさ、おもてなし。

何よりも“人”を大切にするおもてなしの精神は、名前でも表現されています。

▶KONO公式サイト

おすすめのペアリング

エビのグリル

ペアリングは、グリーンサラダや、レモンやライムを絞った、魚介類を焼いただけのものもいいでしょう。例えば、イカの姿焼き、エビのグリルなど。

さっぱりと飲めるので、よく冷やして軽い前菜やシンプルな魚介料理と合わせるといいと思います。

この記事の筆者

NZワインラバーズ編集部

NZワインラバーズ編集部
NZワインラバーズの編集部です。ソムリエ岩須の監修の元、ニュージーランドやワインについての情報を執筆しています。
Twitterフォローしてください!
▶ @nzwinelovers

キーワードで探す

ワインの種類で探す

地域で探す

品種で探す

白ワイン用ぶどう品種

赤ワイン用ぶどう品種

価格帯で探す

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。