マン オー ウォー アイロンクラッド ボルドーブレンド 2010

レビュー日 2020.11.04
地域 オークランド
ワイナリー マン オー ウォー(Man O’ War)
収穫年 2010
香り ブラックベリーのジャム、様々なスパイス
アルコール 14.5%
品種 カベルネ・フラン、メルロー、プティ・ヴェルド、カベルネ・ソーヴィニヨン、マルベック
シーン 記念日のディナーなどで、お肉料理とともに。
購入先リンク ▶Craft Wine Park(ヴィンテージは異なります)
希望小売価格 6,050円(税別)

岩須

濃厚な味わいのボルドースタイルの赤ワイン。フルボディながら非常に洗練された味わいのプレミアムな1本です。

ニュージーランドの赤ワインは、隣国のオーストラリアと比べると値段はやや高めです。特に、「ボルドースタイルの濃厚な味わい」の赤ワインは、生産量が極端に少ないこともあって、その多くがプレミアム・ワインに位置づけられています。

このワインも、そんなプレミアムな1本。

記念日のお祝いに活躍しそうな、上質で濃厚な赤ワインです。

マン オー ウォーグラス01

外観は、とても濃い色合い。

赤ワインは通常、時間が経つと徐々に色が薄くなり、オレンジ色やレンガ色のニュアンスが出てきます。しかし、このワインは(試飲時で)10年経過しているとは思えないほど、しっかりとした「黒系」の色。外観から若さが感じられるワインです。

マン オー ウォーグラス02

香りと味わいの特徴は、カシスやブラックベリーを煮詰めたジャムのニュアンスが強いこと。そこに少し、香辛料のスパイシーさも加わっています。

そして、果実のニュアンスがとても豊かです。赤ワインの香りは時間の経過とともに、果実の生き生きした香りから、葉っぱや土のような香りに変化することが多いのですが、このワインは、まだ果実が優勢。ある意味フレッシュさがしっかり残っていると言えるでしょう。

10年熟成してこの香りと味わいということは、まだまだ今後の熟成で変化が楽しめるワインだと推測します。あと5〜10年ほど寝かせると、きっと少し枯れたような複雑なニュアンスが加わり、次のステージに上がることが期待できますね。

また、濃厚ながらも全体としてまろやかにまとまっているのは、このワインが「カベルネ・フラン」を主要品種としているからでしょう。カベルネ・フランは、カベルネ・ソーヴィニヨンほど重くならず、適度なジューシーさを保ったバランスの良い味わいになる傾向があり、このワインはその特性が良く出ているように感じます。

この度「Jean’s Holidays(ジーンズホリデーズ)」さんの企画にて、このワインをレビューさせていただきました。レビュー動画はこちらからご覧いただけます。
▶Jean’s Holidays | 休日のひと時を彩る素敵なワインを皆様に

ご購入はこちらから
▶マン オー ウォー アイロンクラッド ボルドー・ブレンド 2010 | Craft Wine Park

ワイナリー「マン オー ウォー」について

NZの中でも屈指のリゾート地として知られるのがオークランドの「ワイヘキ島」。ここは別名「ワイン・アイランド」と呼ばれるほど、ワインづくりが盛んな島でもあります。島内に20軒ほどあるワイナリーの中でも最大規模を誇るのが、この「マン オー ウォー」です。

「マン オー ウォー」とは、イギリスの古い言葉で「軍艦」を指します。島の東にある「マン オー ウォー湾」の地名から名付けられたワイナリー名です。

今回のワイン名「アイロンクラッド(アイアンクラッドの方が英語に近いかも?)」は、「装甲艦」という意味。各国の海軍が使った戦闘用の船です。

ワイナリー名もワイン名も、かなり勇ましいネーミング・・・でも、肝心の中身は、決して荒々しいわけではなく、フルボディながら非常に洗練されていますよ。

▶マン オー ウォー 公式サイト

おすすめのペアリング

ラム肉のステーキ

ラムステーキ

もともと、ボルドーの赤ワインと仔羊の肉料理は、伝統的な定番の組み合わせ。

このボルドースタイルのNZワインにあわせるならば、高品質で知られるNZ産のラム肉がベストマッチ。現地でも、よく親しまれているペアです。

この記事の筆者

NZワインラバーズ編集部

NZワインラバーズ編集部
NZワインラバーズの編集部です。ソムリエ岩須の監修の元、ニュージーランドやワインについての情報を執筆しています。
SNSフォローしてください!
Twitter ▶ @nzwinelovers
Instagram ▶ nzwine_lovers

監修

NZワインラバーズ編集部

岩須 直紀
ラジオの原稿執筆業(ニッポン放送、bayfm、NACK5)。ニュージーランドワインが好きすぎるソムリエ。栄5「ボクモ」を経営。毎月第4水曜はジュンク堂名古屋栄店でワイン講師(コロナでお休み中)。好きな音楽はRADWIMPSと民族音楽。最近紅茶が体にあってきた。一般社団法人日本ソムリエ協会 認定ソムリエ。
ボクモ(BOKUMO)
Facebook
Twitter

キーワードで探す

ワインの種類で探す

地域で探す

品種で探す

白ワイン用ぶどう品種

赤ワイン用ぶどう品種

価格帯で探す

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会 認定 ソムリエで飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。