シレーニ エステート セラー セレクション スパークリング メルロー スウィート

レビュー日 2020.11.18
地域 ホークス・ベイ
ワイナリー シレーニ エステート(Sileni Estates)
品種 メルロー
収穫年 ノンヴィンテージ
香り ぶどう、カシス、ブルーベリー
アルコール 10.5%
こんな人におすすめ カクテル派の方におすすめしたい甘口ワイン。カクテル卒業なあなたにも!
購入先リンク ▶エノテカ オンラインショップ
希望小売価格 1,900円(税別)

岩須

ラベルは本格ワインですが、とってもジューシーな味わいで初心者にもフレンドリーな一本です。

赤ワインをスパークリングにするとき、「やや甘口に仕上げる」のが典型的な手法です。

ワインの「渋み」は、冷やして飲むことで強くなってしまいますが、その渋みをカバーする甘みがあると、甘み・酸味・渋みのバランスがとれ、口当たりも良くなるんです。

このメルローも「スイート」という名前のついたスパークリングワインですが、はてさて、どのような味わいになってるのでしょうか。

シレーニ エステート スパークリング メルローグラス

ではまず、外観から。色はあまり濃くなく、紫がかっていて、若いワインということがうかがえます。透明感があって美しいです。

香りを嗅いでみると・・・・

ちょっとこれは…
あの有名な炭酸ぶどう飲料「ファン○グレープ」のような香りです!

もちろん、それだけではありません。

カシスやブルーベリーの香りのイメージに加え、複雑な植物的ニュアンスがあり、普通のスパークリングワインにはあまり現れないような、ちょっと面白い香りをしています。

味わってみると、しっかりとした甘味があります。この高めの糖度によって、ワインが持つ渋味はほぼマスキングされています。

糖度が高いということは、アルコール発酵していない、もともとのぶどうジュースの部分が残ってるということ。ですので、必然的に「ワイン」と「ジュース」のいいとこ取りをしたような、ぶどうの恵みをはっきりと感じられる味わいになっています。

ワインの渋みもあってコクもあり、なおかつカジュアルに飲めるスパークリングワインですね。

ワインファンからすると、甘みがあってかなりジューシーなので少し驚くかもしれません。しかし逆に、カクテルのような位置づけで、ワインを飲みなれない方がいる場面に持って行っても「これなら飲める!」と受け入れてもらえると思います。

ワイン初心者の方や、ふだん甘いお酒を飲むという方も、こういう超フルーティーなものを選んでもらうと、ワインの入り口になるかも知れないですね。

おすすめのペアリング

生ハム

生ハム

甘味のある赤ワインに合わせるなら、生ハムが鉄板です!

サラダにしてもいいですし、もちろんそのままでも非常に相性がいいです。ハムの塩気と合わせると、この甘みがそれほど気にならず楽しめると思います。

「スパークリングワイン」について

スパークリングワインの製法は大きく分けて、

  • 一度つくられたワインを瓶内で二回目の発酵をさせる「瓶内二次発酵」
  • 一度つくられたワインを大型のタンク内で二回目の発酵をさせる「シャルマ方式」
  • 一度つくられたワインに炭酸ガス(二酸化炭素)を人工的に添加する「炭酸ガス注入方式」

があります。

「瓶内二次発酵」はシャンパーニュ方式とも呼ばれ、高級スパークリングワインの代名詞になっています。しかし小さな家族経営ワイナリーが多いNZでは、このシステムを導入するには、お金も手間もかかるため、採用しているワイナリーはあまり多くありません。

ただ、「気軽なリーズナブル路線のスパークリングワインが飲みたい」という需要は世界中にあります。

今回レビューしたシレーニのスパーリングシリーズは、この「瓶内二次発酵」より手間やコストのかからない「シャルマ方式」でつくられており、手にしやすい価格でスパークリングワインを楽しむことができます。

また、このシャルマ方式は、ぶどうのフルーティーな香りが残りやすいため、アロマティックなぶどう品種をスパークリングワインにする際によく用いられます。

便利な再栓可能スクリューキャップ「ゾーク」

シレーニのスパークリングシリーズは、NZでもまだ珍しい再栓可能スクリューキャップを採用していることが特徴です。

このワインキャップは「ゾーク栓」といって、オーストラリアのZORK社が開発したもの。

ゾーク

下側にあるミシン目にそってぐるぐるっと剝きとり、ぎゅっと上に引っ張るだけで抜けるので、非常に簡単で便利です。

スパークリングワインの開栓って難しいイメージがあると思いますが、このキャップなら、特別な技術やコツはいりません。アウトドアにもぴったりです。

再栓すればしっかり密閉され、1〜2日は保存可能。

スクリューキャップばかりの国NZらしい、合理的なキャップです。

ワイナリー「シレーニ エステート」について

「シレーニ エステート」はNZ北島東部のホークス・ベイ地方にあるワイナリー。

1997年に設立して以来、世界中で数々の賞を獲得。日本でも流通の多いNZワインの一つです。

ワイナリー名は、ローマ神話に出てくる酒の神バッカスの従者「シレーニ神」が由来。

シレーニ神は、「おいしいワインと食事、そして素晴らしい仲間(Good wine, good food, good company)」を楽しんだとされていて、シレーニ エステートもそれに習い、食事との相性を重視した、毎日飲んでも飲み飽きないようなワインづくりを目指しています。

▶シレーニ エステート公式サイト

この記事の筆者

NZワインラバーズ編集部

NZワインラバーズ編集部
NZワインラバーズの編集部です。ソムリエ岩須の監修の元、ニュージーランドやワインについての情報を執筆しています。
SNSフォローしてください!
Twitter ▶ @nzwinelovers
Instagram ▶ nzwine_lovers

監修

NZワインラバーズ編集部

岩須 直紀
ラジオの原稿執筆業(ニッポン放送、bayfm、NACK5)。ニュージーランドワインが好きすぎるソムリエ。栄5「ボクモ」を経営。毎月第4水曜はジュンク堂名古屋栄店でワイン講師(コロナでお休み中)。好きな音楽はRADWIMPSと民族音楽。最近紅茶が体にあってきた。一般社団法人日本ソムリエ協会 認定ソムリエ。
ボクモ(BOKUMO)
Facebook
Twitter

キーワードで探す

ワインの種類で探す

地域で探す

品種で探す

白ワイン用ぶどう品種

赤ワイン用ぶどう品種

価格帯で探す

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会 認定 ソムリエで飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。