グリーンソングス レイトハーベスト リースリング 2019

レビュー日 2020.12.15
地域 ワイララパ
ワイナリー グリーンソングス(Green Songs)
品種 リースリング
収穫年 2019
香り 黄金糖、蜜、青りんご
アルコール 9%
シーン 夕食後、締めのアイスとともに。
購入先リンク ▶ボクモワイン
希望小売価格 3,190円(税込)

岩須

日本人醸造家、小山浩平さんによるデザートワイン。蜜のニュアンスとさわやかなフルーツの酸味が広がる、「レイトハーベストリースリング」のお手本のような一本です!

ワイララパ地方にあるグラッドストーンというとても小さな産地のぶどうでつくられた、「レイトハーベスト リースリング」です。

「レイトハーベスト」とは、ぶどうの収穫を限界まで遅らせ、水分が抜けて甘味や旨味が凝縮したぶどうからつくられた、甘口ワインのことを指します。醸造過程では、糖分を残した状態で発酵を止めることで、甘口に仕上げるのが特徴です。

リースリングはこのレイトハーベストと非常に相性がいい品種で、世界各地で「レイトハーベスト リースリング」がつくられています。ただ、リースリングの収穫量があまり多くないNZでは、ちょっと珍しい存在のワインですね。

グリーンソングス レイトハーベストグラス01

外観は、ややゴールドっぽい黄色。

アルコール度数は9%で、粘性はそんなに高くなくさらっとした感じです。

透明な瓶に入っているので、このゴールドがかったワインの色がそのまま瓶から透けて見え、とても綺麗ですね。

グリーンソングス レイトハーベスト アップ

香りを嗅いでみると…

これはもう、あの昔懐かしキャンディ「黄金糖」の香りですね。そして蜜の香り。それに加え、青りんごのような酸味を感じさせるフルーツのニュアンスもあります。

香りだけでデザートになりそうな、甘口リースリング独特のフレーバーがしっかりと出ています。

味わいは、まろやかな酸味と、素直な甘さが口の中に広がります。とても残糖度が高い甘口ワインですが、後味は非常にさっぱり。ネガティブな苦味も感じられません。

そしてリースリングに由来する青りんごのニュアンスが、味わいの中でも中心となっていて、その中に、蜜のトロッとした旨味が絡んできます。

甘口リースリングのお手本のような一本です。

グリーンソングス レイトハーベストグラス002

アルコール度数が高くないので、飲みやすさもありますし、ワインやアルコールそのものに慣れてないという方でも、一口飲んで素直に「おいしい」と思えるジューシーさがあります。

しかもこのワイン、500ml入というナイスなサイズなんですよね。375mlだとちょっと小さいし、750mlだと甘口ワインとしてはやっぱり大きいので、手に取りやすくて嬉しいサイズですね。

冷蔵庫に入れておけば何週間かもちますので、ナイトキャップ(寝酒)としてもおすすめです。毎晩、ちびちびと飲むっていうのもいいんじゃないでしょうか?

思わずスイーツに手が伸びてしまいそうなワインなので、カロリーオーバーには要注意!

「コウヘイさん、よくぞこれを作った!」と心から思った、大変完成度の高いデザートワインだと思います。

おすすめのペアリング

バニラアイスクリーム

バニラアイスクリーム

デザート代わりにもなりそうなこのワインは、ストレートにデザートと合わせてみてください。

特にバニラアイスクリームなんかいいですね。甘さと甘さがすごく芳醇になって、良いペアリングになると思います。

ちょっと贅沢な最高の大人の楽しみ方、ぜひチャレンジしてみてください!

ワイナリー「グリーンソングス」について

小山浩平さん

画像提供元:(株)サザンクロス

このワインを作っているのは小山浩平(ニックネームはコウヘイ)さんという日本人醸造家の方。

NZのネルソン地方にて、「グリーンソングス」というワイナリーを営んでいます。

コウヘイさんは東京・ロンドンのビジネスの世界で活躍されたあと、2011年にワインづくりを志しNZへと渡ります。

国立リンカーン大学でぶどう栽培・ワイン醸造を学び、日本人初の主席で卒業。そしてNZやカリフォルニアでワインづくりを実際に学び、2014年にアタマイ・ヴィレッジとパートナーシップを組み、自身のワイナリーを設立しました。

このアタマイ・ヴィレッジでは、地球環境にできるだけ負担の少ない暮らしを共通の目的とし、果樹園や農場などが共同で運営されています。

ネルソン風景(グリーンソングス)

画像提供元:(株)サザンクロス

またコウヘイさんは、ワイララパ地方グラッドストーンにある「アーラー(URLAR)」というワイナリーの栽培醸造責任者でもあります。「アーラー」は、鹿児島県の西酒造8代目当主である西 陽一郎さんがオーナーを務めるワイナリー。

グリーンソングスのラインナップも更に充実し、ワインづくりの幅を広げるコウヘイさん。今後の活躍にも期待が膨らみます。

▶グリーンソングス公式サイト

この記事の筆者

NZワインラバーズ編集部
NZワインラバーズ編集部
NZワインラバーズの編集部です。ソムリエ岩須の監修の元、ニュージーランドやワインについての情報を執筆&編集しています
SNSフォローよろしくお願いします!
Twitter ▶ @nzwinelovers
Instagram ▶ bokumowine

監修

NZワインラバーズ編集部
岩須 直紀
ニュージーランドワインが好きすぎるソムリエ。ラジオの原稿執筆業(ニッポン放送、bayfm、NACK5)。栄5「ボクモ」を経営。毎月第4水曜はジュンク堂名古屋栄店でワイン講師(コロナでお休み中)。好きな音楽はRADWIMPSと民族音楽。最近紅茶が体にあってきた。一般社団法人日本ソムリエ協会 認定ソムリエ。
ボクモ(BOKUMO)
Facebook
Twitter
5/5 (1 Review)

キーワードで探す

ワインの種類で探す

地域で探す

品種で探す

白ワイン用ぶどう品種

赤ワイン用ぶどう品種

価格帯で探す

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会認定ソムリエで、飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。


NZワイン専門店 ボクモワイン
お酒に関する情報|国税庁
未成年者の飲酒防止の推進|国税庁
在ニュージーランド日本国大使館
在日ニュージーランド大使館