クラウディ ベイ ペロリュス

レビュー日 2020.12.22
地域 マールボロ
ワイナリー クラウディ ベイ(Cloudy Bay)
品種 シャルドネ
ピノ・ノワール
収穫年 ノンヴィンテージ
香り ブリオッシュ、はちみつ、りんご
アルコール 12.5%
シーン お祝いの席にこの1本。どんな食事でもござれ!
購入先リンク ▶楽天市場
希望小売価格 3,870円(税別)

岩須

NZの名門ワイナリー「クラウディ ベイ」がつくる、本格的なスパークリングワイン。しっかりしたフルーツ感がある、NZらしい一本です。

伝統的なシャンパーニュ製法でつくられた、マールボロ産の本格スパークリングワインです。フレンチオーク樽で8ヶ月、その後瓶内二次発酵で24ヶ月熟成されています。

シャンパーニュと同じ製法のこのワイン。
さて、ニュージーランドではどのような味わいになるんでしょうか?

クラウディー ベイ ペロリュスグラス

色味はイエローが強く、とても美しい外観です。

ガス圧もしっかりあり、きめ細かい綺麗な泡が立ち上ってきます。

このきめ細かい泡が、瓶内二次発酵でつくられたスパークリングワインの証です。

シャンパーニュの独特の良い香りは、パンの「ブリオッシュ」で表現されることが多く、このワインにもそんな香りが感じられます。バターをたくさん含んだ高級なパンを思わせるような、こんがりと香ばしい香り。

それから、はちみつ、ウッディなニュアンスもありますね。

リッチなクリーミーさを連想させる香りも感じられますが、全体の印象としては、よくあるシャンパーニュよりはややフレッシュ寄り。りんごのような新鮮な果実味が印象的です。

口に含んだときも、香りで感じられたような強い香ばしさがあります。それと同時に、程よい酸味とフルーティーさが感じられ、とても華やかな味わいです。

後味はドライで、さっぱり。アペリティフ(食前酒)にもよさそうですね。

伝統的なシャンパーニュ製法で作ると、NZでもこんな素晴らしいスパークリングワインができるんだなあと思いますね。

価格帯もシャンパーニュと同じくらいなので、普段シャンパーニュを飲んでる方が “たまには別のスパークリングワインも飲んでみたいな” という時にもおすすめです。

NZはやっぱり、フルーツの味わいを大切にしたワインづくりをする国。その特徴がよく出ているスパークリングワインだと思います。

おすすめのペアリング

いろいろな料理

シャンパーニュと同じく、食前酒から前菜、それからお肉料理まで、幅広く合わせられると思います。

お祝いの席に1本あるといいワインですね。

ワイナリー「クラウディベイ」について

「クラウディ ベイ」はオーストラリアのワイナリー「ケープ・メンテル」の創業者デーヴィッド・ホーネン氏によって1985年に設立されたワイナリー。NZの巨大ワイン産地として知られるマールボロ地方に、もっとも早く根付いたワイナリーの1つです。

クラウディ ベイのソーヴィニヨン・ブランは、パッションフルーツやトロピカルフルーツなどのフルーツの香りと、ハーブや青草の香りが融合した、当時では唯一無二のもの。

マールボロの土地の特⾧をいかした、生き生きとしたスタイルは非常に個性的で「世界が白に目覚めた1本」と称され、NZワインの世界的地位を高めたワインとして高く評価されています。

現在は、「モエ・ヘネシー・ルイヴィトン」の傘下に入り、高品質のワインをつくり続け、NZワインの発展に貢献しています。

ちなみに、有名なシャンパーニュのドン ペリニヨン、モエ エ シャンドン、ヴーヴ クリコもMHDの製品です。

▶MHD公式サイト|クラウディベイ

▶クラウディベイ 公式サイト

この記事の筆者

NZワインラバーズ編集部

NZワインラバーズ編集部
NZワインラバーズの編集部です。ソムリエ岩須の監修の元、ニュージーランドやワインについての情報を執筆しています。
SNSフォローしてください!
Twitter ▶ @nzwinelovers
Instagram ▶ nzwine_lovers

監修

NZワインラバーズ編集部

岩須 直紀
ニュージーランドワインが好きすぎるソムリエ。ラジオの原稿執筆業(ニッポン放送、bayfm、NACK5)。栄5「ボクモ」を経営。毎月第4水曜はジュンク堂名古屋栄店でワイン講師(コロナでお休み中)。好きな音楽はRADWIMPSと民族音楽。最近紅茶が体にあってきた。一般社団法人日本ソムリエ協会 認定ソムリエ。
ボクモ(BOKUMO)
Facebook
Twitter

キーワードで探す

ワインの種類で探す

地域で探す

品種で探す

白ワイン用ぶどう品種

赤ワイン用ぶどう品種

価格帯で探す

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会認定ソムリエで、飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。


お酒に関する情報|国税庁
未成年者の飲酒防止の推進|国税庁
在ニュージーランド日本国大使館
在日ニュージーランド大使館