オイスター ベイ ソーヴィニヨン・ブラン 2019

レビュー日 2021.01.08
地域 マールボロ
ワイナリー デリゲッツ ワイン エステート(Delegat Wine Estate)
品種 ソーヴィニヨン・ブラン
収穫年 2019
香り グレープフルーツ、ツゲ
アルコール 13%
シーン オイスターパーティーに「オイスター ベイ」。ぜひ牡蠣のある食卓に。
購入先リンク ▶楽天市場
参考価格 2,690円(税別)

岩須

際立つ果実味、適度なほろ苦さ、ほのかな甘み。NZの特徴がしっかりと表現された、スタンダードなソーヴィニヨン・ブランです。

色合いは、少しグリーンがかったイエロー。透明感がありとても綺麗な外観です。

ディスクは分厚く、旨みが強そうな印象ですね。

注いだ瞬間、少〜しプチプチっとした発泡のニュアンスがあります。これは若いワインの特徴です。

オイスターベイ ソーヴィニヨン・ブラングラス02

香りはとても華やか。

グレープフルーツや(植物の)ツゲとも言われる、非常に素直なソーヴィニヨン・ブランの香りがします。

ハーブのニュアンスもしっかりと感じられ、「これぞ、NZマールボロのソーヴィニヨン・ブラン!」というど真ん中のスタイル。テイスティングの試験問題に出されたら、勉強している人ならすぐにわかると思います(笑)

味わいにもNZの特徴がよく出ていて、グレープフルーツやレモンなどの柑橘の味わいが心地よく、さっぱりと口を洗い流してくれるような清涼感があります。

とってもフルーティーなワインなので、「これ本当にぶどうからできてるの?柑橘類が入ってるんじゃないの!?」と思えるかもしれませんね。

適度なほろ苦さと甘みもあり、非常にバランスのとれた「みんなが大好きなニュージーの味」と言えるワイン。

「オイスター ベイ」という名前も覚えやすいですし、贈り物にも最適ではないでしょうか。

“マールボロのソーヴィニヨン・ブランのど真ん中の味” をまだ飲んだことがない方は、ぜひお試しください!

おすすめのペアリング

このワインは、「オイスター ベイ」という牡蠣の養殖が盛んな地元の湾の名前が由来しています。

というわけで、その名の通り「オイスター(牡蠣)」を合わせてみましょう!

牡蠣のお鍋でもいいですし、蒸し料理や焼料理、カキフライでもいいでしょう。牡蠣のある食卓にこの1本はとても似合います。

牡蠣に柑橘類のドレッシングをしぼるというイメージで、柑橘の香りのこのワインをあわせてみてくださいね。

焼き牡蠣

カキフライ

ワイナリー「デリゲッツ ワイン エステート」について

創立1947年の「デリゲッツ ワイン エステート」は、NZでは比較的規模の大きなワイナリー。

今回レビューした「オイスター ベイ」は、この「デリゲッツ ワイン エステート」が展開するワインブランドの一つです。

オークランドに本社を置き、マールボロホークス・ベイ、バロッサバレー(オーストラリア)にて、ぶどう畑を所有。最先端の技術を備えたワイナリーで、最高級のプレミアムワインを生み出し、名声を得ています。

デリゲッツ ワイン エステート公式サイト

オイスター ベイについて

1990年に最初のヴィンテージをリリースしたオイスター ベイは、1991年、早くも「ロンドン・インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション」の【ソーヴィニヨン・ブラン部門】において金賞を獲得。

“創立一年目のワイナリーの初ヴィンテージがいきなり世界のナンバーワンに選ばれた”

とあって、大きな話題となりました。

この受賞をきっかけに短期間で急成長を果たしたオイスター ベイは、NZワインを代表するワイナリーに。世界各地でそのクオリティが認められ、高い人気を誇っています。

オイスター ベイ 公式サイト

この記事の筆者

NZワインラバーズ編集部

NZワインラバーズ編集部
NZワインラバーズの編集部です。ソムリエ岩須の監修の元、ニュージーランドやワインについての情報を執筆しています。
SNSフォローしてください!
Twitter ▶ @nzwinelovers
Instagram ▶ nzwine_lovers

監修

NZワインラバーズ編集部

岩須 直紀
ニュージーランドワインが好きすぎるソムリエ。ラジオの原稿執筆業(ニッポン放送、bayfm、NACK5)。栄5「ボクモ」を経営。毎月第4水曜はジュンク堂名古屋栄店でワイン講師(コロナでお休み中)。好きな音楽はRADWIMPSと民族音楽。最近紅茶が体にあってきた。一般社団法人日本ソムリエ協会 認定ソムリエ。
ボクモ(BOKUMO)
Facebook
Twitter

キーワードで探す

ワインの種類で探す

地域で探す

品種で探す

白ワイン用ぶどう品種

赤ワイン用ぶどう品種

価格帯で探す

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会認定ソムリエで、飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。


お酒に関する情報|国税庁
未成年者の飲酒防止の推進|国税庁
在ニュージーランド日本国大使館
在日ニュージーランド大使館