カ タヒ ピノ・ノワール 2019

レビュー日 2021.02.24
地域 ホークス・ベイ
ワイナリー カ タヒ ワインズ(Ka tahi wines)
品種 ピノ・ノワール
収穫年 2019
香り 薬草、ハーブ
アルコール 12.5%
こんな人におすすめ フルーティーじゃないワインが好きな人に。
購入先リンク ▶ワインショップ ドラジェ
希望小売価格 3,080円(税込)

岩須

典型的なNZのピノ・ノワールのニュアンスとはちょっと違いますが、癖になる香りと味わいです。

ニュージーランドでピノ・ノワールの最も大きな産地といえば、マールボロ。また、高品質なピノの産地といえば、ワイララパのマーティンボロやセントラル・オタゴが挙げられます。

そんななか、このワインはちょっと珍しい「ホークス・ベイ」という産地のもの。

NZの北島に位置し、日照量が豊富なホークス・ベイ地方は、ピノ・ノワールよりも「ボルドータイプ」の赤ワインの生産に力を入れている地域です。

産地×品種の組み合わせがちょっと意外なこのワイン。

はてさて、どのような味わいになってるのでしょうか。

カ タヒ ピノ・ノワール2019グラス

注いで見ると、NZのピノ・ノワールらしい優しい色をしてます。向こう側が透けて見えるくらいの、かなり明るい色調です。

温暖な産地でつくられたピノ・ノワールは色が濃くなる傾向にあるので、これはちょっと意外でしたね。

ひょっとすると、早めに収穫したぶどうを使ってるのかな?と思います。

アルコール度数も12.5%とNZのピノ・ノワールとしてはやや抑え目。ディスクは程よくあります。

カ タヒ ピノ・ノワール2019グラス02

香りは、ちょっと薬草っぽい、独特の香りが特徴ですね。

今まで僕が経験したピノ・ノワールでは、嗅いだことないような香りがありますね。

果実感よりも、ハーブのニュアンスが強い印象。

典型的なNZのピノ・ノワールの香りではありませんが、嗅いでいるとちょっと癖になる感じの、薬草っぽいフレイバーですね。

外観の特徴からすると、渋みの少ないワインかと思いましたが、きちんとタンニンが感じられました。非常に穏やかな果実味に、ほろ苦い渋みがあるので、ライトな肉料理と合わせるといいでしょう。

香りも味わいも独特ではありますが、これはこれで癖になるかも。

NZワインが得意としている“フルーティーさ”はなく、ちょっと個性的なピノ・ノワール。

フルーティーじゃないワインもOKだよっていう人におすすめです。

そしてこのワイン、価格にも注目です。

以前テイスティングレビューした「カ タヒ ソーヴィニヨン・ブラン 2020」同様、通販サイトではとてもお値打ち価格で販売されています。NZのピノ・ノワールとしては破格の値段ですね。

高級ワインを生み出す品種「ピノ・ノワール」ですが、なぜこの価格が実現できるのか…正直、驚きしかないですね!!

おすすめのペアリング

ペアリングにはお肉、特に脂がのった豚肉料理がいいですね。

ですが、個性的なワインに合わせて、ここは「ソース焼きそば」でいってみましょう!

意外な組み合わせと思われるかもしれませんが、甘みの少ないワインには焼きそばソースのようなコクのあるソースがよく合います。

カジュアルワイン×カジュアルめしの、日常に取り入れやすいペアリング、是非お試しあれ!

ソース焼きそば

ワイナリー「カ タヒ ワインズ」について

「カ タヒ ワインズ(Ka Tahi Wines)」ホークス・ベイ地方のネーピアに拠点を置くワイナリー。

ヴィンテージは2014年ですので、ワイン産業として歴史の浅いNZの中でも、より新しいワイナリーと言えるでしょう。

豊富な日照量をいかし、赤ワイン用ぶどう品種の生産が盛んなホークス・ベイ地方は、マールボロ地方に次ぐワイン用ぶどうの産地。

カ タヒでは主に、このホークス・ベイ地方の復数の畑で、土壌とぶどう品種の個性に合わせた栽培を行っています。

太平洋に面した「テ・アワンガ」のぶどう畑からはメルローシャルドネを。

河川敷の「ギムレット・グラヴェルズ」のぶどう畑からは、シラーマルベックを。

また、ソーヴィニヨン・ブラン(スパークリングワイン用)、ピノ・ノワールピノ・グリを栽培する「マラエカカホ」のぶどう畑は、ニュージーランド独自の厳しいオーガニック基準バイオグロ(BioGro)認証を取得しています。

カ タヒ ワインズ公式サイト

この記事の筆者

NZワインラバーズ編集部
NZワインラバーズ編集部
NZワインラバーズの編集部です。ソムリエ岩須の監修の元、ニュージーランドやワインについての情報を執筆&編集しています
SNSフォローよろしくお願いします!
Twitter ▶ @nzwinelovers
Instagram ▶ nzwine_lovers

監修

NZワインラバーズ編集部
岩須 直紀
ニュージーランドワインが好きすぎるソムリエ。ラジオの原稿執筆業(ニッポン放送、bayfm、NACK5)。栄5「ボクモ」を経営。毎月第4水曜はジュンク堂名古屋栄店でワイン講師(コロナでお休み中)。好きな音楽はRADWIMPSと民族音楽。最近紅茶が体にあってきた。一般社団法人日本ソムリエ協会 認定ソムリエ。
ボクモ(BOKUMO)
Facebook
Twitter
0/5 (0 Reviews)

キーワードで探す

ワインの種類で探す

地域で探す

品種で探す

白ワイン用ぶどう品種

赤ワイン用ぶどう品種

価格帯で探す

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会認定ソムリエで、飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。


NZワイン専門店 ボクモワイン
お酒に関する情報|国税庁
未成年者の飲酒防止の推進|国税庁
在ニュージーランド日本国大使館
在日ニュージーランド大使館