マナ バイ インヴィーヴォ ソーヴィニヨン・ブラン 2020

レビュー日 2021.05.21
地域 マールボロ
ワイナリー インヴィーヴォ(Invivo)
ワイン名 マナ(Mana)
品種 ソーヴィニヨン・ブラン
収穫年 2020
香り レモン、ドライハーブ、ピンクグレープフルーツ
アルコール 13%
シーン 平日にも週末にも。カジュアルな夕食のお供に。
販売価格 1,760円(税込)
購入先リンク ▶サザンクロス ワインクラブ

岩須

カジュアルながらも、NZのソーヴィニヨン・ブランの良いところがギュッと詰まっている、非常に優れたワイン。暑い季節に活躍しそうな一本です!

このレビューの動画はこちら!

マナ ソーヴィニヨン・ブラン_グラス02b

日本酒にも近いような透明感ですね。とても綺麗なうすいグリーンの色合いです。

ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランは、それほど色がつかず、透明に近い色合いになることが多いのですが、まさにその特徴がよく出ています。

マナ ソーヴィニヨン・ブラン_グラス01b

続いて香り。

レモンやドライハーブのような香りが優しく香ります。

また、ピンクグレープフルーツのような、ほんのり苦味のある柑橘系のフルーツのニュアンスもありますね。

味わいも香りと同様、ピンクグレープフルーツのような果実感と穏やかな苦味が口の中に広がります。

余韻は爽やか、後味もすっきり。コンパクトにまとまりつつも、NZのソーヴィニヨン・ブランの良いところがギュッと詰まっている、そんなワインですね。

これぐらいのまとまり感があってこの価格(1,760円)というのは、とてもお得だと思います!

スルスル飲めるタイプなので、いろんなお料理に合いそうです。

どちらかというと、記念日にご馳走と一緒に飲む特別なワインというより、「平日もちょっと飲んじゃおう!」みたいな日常飲みに良いんじゃないでしょうか。

ピクニックなどのアウトドアにもおすすめですね。夏の青空の下、氷バケツでしっかり冷やして飲むとサイコーだと思います!

マナ ソーヴィニヨン・ブラン 表ラベル

マナ ソーヴィニヨン・ブラン 裏ラベル

おすすめのペアリング

ワイン単体でも良いですが、お料理と合わせるとより一層美味しくいただけると思います。

ハーブやグレープフルーツの要素をもったワインなので、その風味を活かすならば、味の濃いお肉料理よりもさっぱりとした鶏肉や魚介、野菜などを使った優しい味わいのものがおすすめです。例えば、サラダ、カルパッチョ、唐揚げなど。柑橘系のドレッシングをかける料理なら、なんでも合いそうです。

魚介類を使ったオイルパスタもいいですね。カジュアルな料理と、気軽に合わせるのにぴったりなワインだと思います。

サーモンカルパッチョ

サーモンのカルパッチョ

料理 あさりのパスタ

アサリのオイルパスタ

ワイナリー「インヴィーヴォ」について

このワイン「マナ」を手掛けるのは「インヴィーヴォ」というワイナリー。

Tim Lightbourne(ティム・ライトボーン)とRob Cameron(ロブ・キャメロン)の二人が2007年に設立。以来、ワールドクラスのワインを生産しています。

ラテン語である「インヴィーヴォ」とは英語で「In life」という意味。インヴィーヴォの理想は、革新的かつ現代的な取り組みで「人生の喜びを分かち合うワイン」を世界に届けることです。

そんな理想をもつ彼らは、2008年の発売以来ビジネスを急速に成長させ、非常に短期間で世界に認められるワイナリーになりました。

クリエイティブなマーケティングが評価され、NZワイン産業においてもっとも大きなイノベーションを起こしたワイナリーとして、150以上のメダルと多くのトロフィーを獲得しています。

2015年にはNZのワイナリーとして初めて、クラウドファンディングでの資金調達に成功。NZワイン界に新たな道を示したことでも評価されています。

また、著名人とのコラボレーションワインも話題に。

コメディアン・俳優・司会業などでよく知られる「グラハム・ノートン」が個人的にブレンドした「Graham Norton Wines」シリーズで、人気を集めています。

さらに、2019年にはアメリカの女優・デザイナーでありワイン愛好家の「サラ・ジェシカ・パーカー」とパートナーシップを結び、“Invivo X Sarah Jessica Parker Sauvignon Blanc”を発売。こちらも大変注目を浴びています。

▶インヴィーヴォ公式サイト

マオリ族が最も大切にする価値観「マナ」

このワインの名前「MANA(マナ)」というのは、NZの先住民であるマオリ族が使う言葉「マオリ語」です。

NZでは、ワインやワイナリーの名前にマオリ語がよく使われています。

先住民である彼らをリスペクトし、共に生きていこうという文化のあらわれです。

そんな「MANA」を、日本語に正確に訳すのは難しいですが、あえて言うならば「徳」と言えるかも知れません。

マオリ族は、“人は最大級のマナを持って生まれる”とし、

  • 悪い行いをすると「マナ」を失う
  • 善い行いをすると「マナ」を得る

というように、生きていく上でマナを最も重要なものと位置づけています。

仏教の「徳を積む」という考えにすこし似ている気もしますね。

このような名前の由来を知ると、このワインを飲むときの味わい方がちょっと違ってきますね。

今日は少し背筋を伸ばして、最近、僕はマナを得たかな、失ったかな、と振り返りながら飲んでみたいと思います。

この記事の筆者

NZワインラバーズ編集部
NZワインラバーズ編集部
NZワインラバーズの編集部です。ソムリエ岩須の監修の元、ニュージーランドやワインについての情報を執筆しています。
SNSフォローしてください!
Twitter ▶ @nzwinelovers
Instagram ▶ nzwine_lovers

監修

NZワインラバーズ編集部
岩須 直紀
ニュージーランドワインが好きすぎるソムリエ。ラジオの原稿執筆業(ニッポン放送、bayfm、NACK5)。栄5「ボクモ」を経営。毎月第4水曜はジュンク堂名古屋栄店でワイン講師(コロナでお休み中)。好きな音楽はRADWIMPSと民族音楽。最近紅茶が体にあってきた。一般社団法人日本ソムリエ協会 認定ソムリエ。
ボクモ(BOKUMO)
Facebook
Twitter

キーワードで探す

ワインの種類で探す

地域で探す

品種で探す

白ワイン用ぶどう品種

赤ワイン用ぶどう品種

価格帯で探す

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会認定ソムリエで、飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。


NZワイン専門店 ボクモワイン
お酒に関する情報|国税庁
未成年者の飲酒防止の推進|国税庁
在ニュージーランド日本国大使館
在日ニュージーランド大使館