インヴィーヴォ ソーヴィニヨン・ブラン 2018

レビュー日 2019.12.13
地域 マールボロ
ワイナリー インヴィーヴォ(Invivo)
品種 ソーヴィニヨン・ブラン
収穫年 2018
香り グレープフルーツ、パッションフルーツ、ハーブ
アルコール 12.5%
シーン ホームパーティーの1本目に。
購入先リンク ▶サザンクロス ワインクラブ
希望小売価格 1,900円(税別)

岩須

NZワイン初心者に是非おすすめしたい1本!NZのマールボロソーヴィニヨン・ブランの王道を行く味わいです。

NZのマールボロソーヴィニヨン・ブランの王道を行く味わいです。

最初にNZワインにふれるときに、このワインからスタートするのもおすすめできるほど、その良さを非常に表していますね。

香りも高く、コクも深い、そして余韻もやや長い。

クリーンな味わいのワインです。

ラベルが一新されて、クラフト感のあるデザインに様変わりしましたが、味わいは変わらず、安定した美味しさを届けてくれています。

インヴィーヴォ ソーヴィニヨン・ブラン2018

ワイナリー「インヴィーヴォ」について

インヴィーヴォ」は、Tim Lightbourne(ティム・ライトボーン)とRob Cameron(ロブ・キャメロン)の二人により2007年に設立された、ワールドクラスのワインを生産するワイナリーです。

ラテン語である「インヴィーヴォ」とは英語で「In life」という意味。インヴィーヴォの理想は、革新的かつ現代的な取り組みで「人生の喜びを分かち合うワイン」を世界に届けることです。

そんな理想をもつ彼らは、2008年の発売以来ビジネスを急速に成長させ、非常に短期間で世界に認められるワイナリーになりました。

クリエイティブなマーケティングが評価され、ニュージーランドワイン産業においてもっとも大きなイノベーションを起こしたワイナリーとして、150以上のメダルと多くのトロフィーを獲得しています。

2015年にはニュージーランドのワイナリーとして初めて、クラウドファンディングでの資金調達に成功。NZワイン界に新たな道を示したことでも評価されています。

また、著名人とのコラボレーションワインも話題に。

コメディアン・俳優・司会業などでよく知られる「グラハム・ノートン」が個人的にブレンドしたワイン「Graham Norton Wines」をリリースし、人気を集めています。

さらに、2019年にはアメリカの女優・デザイナーでありワイン愛好家の「サラ・ジェシカ・パーカー」とパートナーシップを結び、“Invivo X Sarah Jessica Parker Sauvignon Blanc”を発売。こちらも大変注目を浴びています。

▶インヴィーヴォ公式サイト

ソーヴィニヨン・ブランの特徴

ソーヴィニヨン・ブランは、すっきりとした酸味と柑橘類やハーブなどの爽やかな香りが特徴のぶどう品種です。

ニュージーランドでは、生産される白ワイン用ぶどうの約8割がソーヴィニヨン・ブランという圧倒的な生産量を誇っています。

その特徴は、何と言っても驚くほど爽やかな香りと豊かな果実味。

はじけるような柑橘系の味わいは、一口飲めば誰もが思わず「フルーティー」と感じるでしょう。

おすすめのペアリング

さまざまな料理とのペアリングが楽しめるソーヴィニヨン・ブラン。

ここでは一例をご紹介します。

シーフードサラダ

シーフードサラダ

まず1つ目は、ボイルしたエビやイカなどを使った、シーフードサラダ。

柑橘系のドレッシングでも、クリーミーなドレッシングでも良いですね。

オリーブオイル+塩コショウでシンプルにいただくときは、お好みのハーブをたっぷり乗せれば、いい感じ!

サーモンのロースト

サーモンのロースト

焼き魚ってあうのかな?

と思う方もいるかも知れませんが、むしろ生よりも相性はいいと思います。

ディルなどの香草があるとより良いですね。柑橘類の果汁をしぼって、シンプルに塩でいただくのがおすすめ。

サラダチキン・バジル風味

サラダチキン

コンビニなどにもよく売っている「サラダチキン」はもはや定番。

とってもカンタンなので作り置きしておいて、おつまみストックにしておくのもおすすめですよ。

サラダにしてもよし、サンドウィッチに挟んでもよし、万能です。

この記事の筆者

NZワインラバーズ編集部

NZワインラバーズ編集部
NZワインラバーズの編集部です。ソムリエ岩須の監修の元、ニュージーランドやワインについての情報を執筆しています。
SNSフォローしてください!
Twitter ▶ @nzwinelovers
Instagram ▶ nzwine_lovers

監修

NZワインラバーズ編集部

岩須 直紀
ラジオの原稿執筆業(ニッポン放送、bayfm、NACK5)。ニュージーランドワインが好きすぎるソムリエ。栄5「ボクモ」を経営。毎月第4水曜はジュンク堂名古屋栄店でワイン講師(コロナでお休み中)。好きな音楽はRADWIMPSと民族音楽。最近紅茶が体にあってきた。一般社団法人日本ソムリエ協会 認定ソムリエ。
ボクモ(BOKUMO)
Facebook
Twitter

キーワードで探す

ワインの種類で探す

地域で探す

品種で探す

白ワイン用ぶどう品種

赤ワイン用ぶどう品種

価格帯で探す

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会 認定 ソムリエで飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。