ブラッケンブルック シャングリ・ラ ピノ・ノワール 2017

レビュー日 2020.02.25
地域 ネルソン
ワイナリー ブラッケンブルック(Blackenbrook)
品種 ピノ・ノワール
収穫年 2017
香り ラズベリー、きいちご、樽由来の香ばしさ
アルコール 13.5%
シーン カジュアルなパーティーで、お肉料理とともに。
購入先リンク ▶サザンクロス ワインクラブ
希望小売価格 2,300円(税別)

岩須

果樹園を連想させるような、フルーティーな香りが特徴的な赤ワインです。

晴れの日が多く「サニーネルソン」と呼ばれる町ネルソンは、果樹園や緑地が多く自然豊かな町。

ネルソン地方でつくられたこのワインは、そんな風景を連想させるような1本です。

シャングリラ ピノ・ノワール

外観は、輝きのある綺麗なワントーンのルビー色をしています。この色味は若いワインであるということの証拠。

また、粘性が高いのでアルコール度数がしっかりとあり、旨みが強そうな印象です。

香りは、ラズベリーやきいちごの甘酸っぱいニュアンスを真っ先に感じます。
NZらしいフルーツの香りが全面に押し出されたスタイルです。

口に含んだ味わいは、ラズベリーやキイチゴの甘酸っぱさと、ざくろのような酸味も感じます。

香りの印象がストレートに味わいにも現れている印象です。

飲み込んだあとに、樽に由来するほんのりビターな後味も残りますすが、全体としてはとても活き活きとしたフルーティー系ワインですね。

また、渋みやクセが少ないのでスルッと楽しめるようなカジュアルさをもっています。

そんなに赤ワインを飲みなれていない方でもきっと大丈夫。

美しいアートラベルはピクニックやキャンプにも映えそうですね。

ワイナリー「ブラッケンブルック」について

「ブラッケンブルック」はNZ南島の北海岸に面した産地、ネルソン地方にあるブティックワイナリーです。

前述の通り、NZのワイン産地の中でも豊富な日照量を誇り「サニーネルソン」とも呼ばれるこの地方では、非常にアロマティックなワインが生み出されています。

オーナーのダニエル氏は国立リンカーン大学でぶどう栽培・醸造を学んだ後、オーストリアやドイツ、フランス(アルザス)などで経験を積み、NZでは同じくネルソンにある名門「サイフリード」でワインチーフを務めた人物。

その後パートナーである妻のウルスラ氏とともに、2年もの歳月をかけて理想の場所を探し、現在の場所にたどり着きました。

ブラッケンブルックでは、サスティナブル(地球の環境保全において、持続可能なものであること)なぶどう畑で大切に育てた果実を、グラヴィティ・フローシステム(醸造過程でのワインの移動をすべて自然の重力によって行う方法)を最大限に活用した構造のワイナリーで醸造しています。

また、注目すべきはこのラベル。「シャングリ・ラ」というアートシリーズは、ネルソンのアーティストMarilyn Andrews氏によるこの地の自然な風景の絵がラベルに採用されています。

アートの街ネルソンならではの特徴的なラベルと言えるでしょう。

シャングリ・ラ ピノイメージ

▶ブラッケンブルック公式サイト

ピノ・ノワールの特徴

ピノ・ノワールは、エレガントで繊細な味わいが特徴。

世界中で大変人気のある品種で、代表的な産地であるフランスのブルゴーニュ地方ではピノ・ノワールを使用した数々の高級ワインが生み出されています。

また、ニュージーランドではセントラル・オタゴ地方ワイララパ地方のマーティンボロで名声を築いた品種でもあり、世界のワイン評論家や愛好家からも高い評価を得ています。

おすすめのペアリング

タレ系の和食

焼き鳥のタレ
しょうゆ、みりん、砂糖を使った和食がおすすめです。

タレの甘辛い味とベリーの爽やかな酸味がぴったりと合って、相乗効果を生んでくれることでしょう。

牛の薄切り肉を使ったお料理

すき焼き
和食の中でもお肉料理なら、牛の薄切り肉を使って。

肉じゃが、牛しゃぶ、すき焼きあたりが良いですね。

この記事の筆者

NZワインラバーズ編集部

NZワインラバーズ編集部
NZワインラバーズの編集部です。ソムリエ岩須の監修の元、ニュージーランドやワインについての情報を執筆しています。
Twitterフォローしてください!
▶ @nzwinelovers

キーワードで探す

ワインの種類で探す

地域で探す

品種で探す

白ワイン用ぶどう品種

赤ワイン用ぶどう品種

価格帯で探す

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。