トゥーリバーズ ピノ・ノワール2016

レビュー日 2020.02.28
地域 マールボロ
ワイナリー トゥーリバーズ(Two Rivers)
品種 ピノ・ノワール
収穫年 2016
香り いちご、きいちご、ブルーベリー、カシス
アルコール 13.5%
シーン 焼き鳥パーティーにぜひ
購入先リンク ▶サザンクロス ワインクラブ

岩須

複雑味をもった記念日ワイン。ずっと嗅いでいたくなるくらい良い香りが思い出に残ることでしょう。

トゥーリバース ピノ・ノワール2016グラス

見た目は紫がかったルビー色で、しっかりとした輝きをもっています。

色から推測すると、少しコクのあるピノかなという印象です。

トゥーリバース ピノ・ノワール01

香りは、いちご、きいちご、ブルーベリー、カシスなどのフレッシュなベリー系果実と、鉄分のニュアンスも感じられます。

樽由来の香ばしさとスパイシーさもあり、それらがバランスよく混ざり合って、奥行きのある香りになっています。

ずーっと嗅いていたくなるような良い香りです。

味わいは、真っ先にしっかりとしたフルーツを感じます。

フレッシュフルーツというよりは、リキュールやジャムのようなフルーツ感ですね。

また、クローブ、ナツメグ、シナモンのようなスパイス感もはっきりと感じます。

香りはフルーツが全面に出ていますが、味わってみるとスパイス感が際立って感じられます。

そして後味には、渋み、旨みをともなった心地良い余韻が長く残ります。

全体的に調和がとれた、深い味わいのピノ・ノワールです。

ワイナリー「トゥーリバーズ」について

トゥーリバーズ」は、マールボロの地で生まれ育ったデイビット氏により2004年に設立されたワイナリーです。

この「トゥーリバーズ」という名前はマールボロを流れる2つの川「ワイラウリバー」「アワテレリバー」から命名されたもの。

5世代も続くファーマーの息子でもあるデイビット氏は、若い頃から自身の身体でマールボロのすべてを体感してきました。

17歳でワインの道へ進み、栽培と醸造学を学んだのちに海外へ渡り、コンサルタントワインメーカーとして世界各地で25ヴィンテージを経験。

マールボロに対しての深い見聞と知識、そしてこれまでの国際的な経験を活かし、マールボロにある2つのバレーから、最良のヴィンヤードのぶどうを掛け合わせてワインをつくることに情熱を注いでいます。

デイビット氏の経験と、マールボロの伝統と多様性、そしてクラフトマンシップが融合する、新進気鋭のワイナリーです。

▶トゥーリバーズ公式サイト

ピノ・ノワールの特徴

ピノ・ノワールは、エレガントで繊細な味わいが特徴。

世界中で大変人気のある品種で、代表的な産地であるフランスのブルゴーニュ地方ではピノ・ノワールを使用した数々の高級ワインが生み出されています。

また、ニュージーランドではセントラル・オタゴ地方ワイララパ地方のマーティンボロで名声を築いた品種でもあり、世界のワイン評論家や愛好家からも高い評価を得ています。

おすすめのペアリング

すき焼き

すき焼き

ピノ・ノワールには、しょうゆ、みりん、砂糖を使った和食がよく合います。

その中でも、このワインには濃いめの味付けをした牛肉がぴったり。

ということで、すき焼きがイチオシです。

 

お肉の脂身と、濃いソース

鴨ロースト

鴨ローストに赤ワインソース。
鶏ももの照り焼き。
タレの焼き鳥、特に鶏皮。

こんなふうに、程よく脂身のあるお肉に濃い味のソース(タレ)という組み合わせがとてもよく合います。

お肉の脂とソースの混じり合った旨みが、複雑みをもった赤ワインにぴったりです。

この記事の筆者

NZワインラバーズ編集部

NZワインラバーズ編集部
NZワインラバーズの編集部です。ソムリエ岩須の監修の元、ニュージーランドやワインについての情報を執筆しています。

キーワードで探す

ワインの種類で探す

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。