ノイドルフ ティリティリ ソーヴィニヨン・ブラン 2019

レビュー日 2021.08.20
地域 ネルソン
ワイナリー ノイドルフ ヴィンヤーズ(Neudorf Vineyards)
ワイン名 ティリティリ ソーヴィニヨン・ブラン(Tiritiri Sauvignon Blanc)
品種 ソーヴィニヨン・ブラン
収穫年 2019
香り グレープフルーツ、ドライハーブ
アルコール 13.0%
シーン 食事の前半に活躍するワイン。シーフードにもぴったり。
購入先リンク ▶ボクモワイン
希望小売価格 3,080円(税込)

岩須

NZの港町「ネルソン」から届いた、シーフードにぴったりなワイン。ハーブがしっかり香る、キリッと美味しい白ワインです!

動画のレビューはこちら

ニュージーランドといえば “マールボロのソーヴィニヨン・ブラン” ですが、このワインの産地は、そのマールボロのすぐ近く、NZ南島の北海岸に面したネルソンという小さな港町。

生産者である「ノイドルフ ヴィンヤーズ」がこのネルソンに設立したのは1970年代のこと。当時はまだワイン産業が盛んではなかったこの町で、いち早くワインづくりを始めたのがノイドルフでした。

ネルソンはアロマティック品種の栽培が盛んな産地でもあるんですよね〜。

そんなネルソンの先駆者によるソーヴィニヨン・ブラン、2019ヴィンテージはどんな味わいになっているでしょうか!?

ノイドルフティリティSB2019グラス

薄いグリーンの色合いです。

透明感があって、NZのソーヴィニヨン・ブランによくある外観ですね。

ノイドルフティリティSB2019グラス02

香りは、ソーヴィニヨン・ブランの典型的な香りであるグレープフルーツ感もありますが、それよりも強く感じるのはハーブのニュアンス。

柑橘、ハーブ、そしてほんのり“ミルキーさ”も感じます!

味わいも同様に、グレープフルーツやレモンのような柑橘系の酸味と、ドライハーブのニュアンスを強く感じます。

そして、とにかく酸味が綺麗ですね。そこにハーブや草のような味わいや、ミルキーさを連想させるまろやかな味が重なって、このワインの印象を複雑にしています。

NZの典型的な果実味あふれるソーヴィニヨン・ブランと比べると、やや大人しくてスタイリッシュな味と言えるかも知れません。

以前、このワインの2018ヴィンテージのテイスティングレビューも行いました。

ノイドルフ ティリティリ ソーヴィニヨン・ブラン 2018のワインレビュー

2018と比べると2019は、よりハーブ感が強まり、フードフレンドリーなワインになっていますね。食卓に1本欲しいワインです!

フランスのボルドーロワールのキリッとした酸がある白ワインが好きな方には、特におすすめですよ。

おすすめのペアリング

“港町ネルソンのワイン”ということで、ぜひシーフードと合わせてみてほしいですね。

例えば、エビやイカなどが入った魚介のグラタン、カキフライ、ボンゴレビアンコなどがおすすめ。

シーフードグラタン

エビ、イカ、ホタテ、牡蠣などがたっぷり入ったシーフードグラタン

カキフライ

カキフライにはレモンをしっかり絞って

料理 あさりのパスタ

ボンゴレビアンコ

食欲わいてきますね〜!!

このワインは、「酸味、柑橘感、ハーブ感」があるのがポイントなので、それをペアリングのヒントにお料理を考えると良いでしょう。

柑橘の果汁をギュッと絞ってハーブを散らす、そんな仕上げが似合いそうなお料理とあわせてみて下さい!

ワイナリー「ノイドルフ ヴィンヤーズ」について

「ノイドルフ ヴィンヤーズ」はネルソン地方のアッパー・ムーテリー(Upper Moutere)にある、家族経営のワイナリーです。

設立は1978年。まだ、ワイン生産地として発展する前のネルソン地方に、ティム・フィン&ジュディ夫妻がぶどうの樹を植えたことから始まりました。彼らはこのアッパー・ムーテリーを“特別な地”とし、家を建て、土地を開墾。ドイツ語で“新しい村”という意味の「ノイドルフ」と名付け、ワイナリーをスタートさせました。

栽培するぶどうは可能な限り自然な状態で見守り、醸造の段階でも余計なものを加えません。早期よりサステイナブル農法を取り入れ、自然環境に配慮したワインづくりを行っています。

また、ぶどうは自社畑だけでなく、2ヶ所の契約栽培畑のぶどうを使用。今回レビューしたソーヴィニヨン・ブランも自社畑のものではなく、ワイメア・プレインズ(Waimea Plains)で栽培されたぶどうを使ったワインです。近隣でありながら地質の違う畑のぶどうを使用し、土地の個性や多様性を活かしたワインづくりを叶えています。

そんなノイドルフが世界に名を広めるきっかけになったのが、1993年にイギリスで行われた「世界ベスト・ワイン・テイスティング」。このコンクールのシャルドネ部門で優勝し、一躍その名が世界に知れ渡りました。

近年ではピノ・ノワールの評価も高まり、2009年のイギリス トム・スティーヴンソン・レポートで「ニュージーランド・ベスト・プロ デューサー」に選出。また、ボブ・キャンベルMWは、2014ムーテリー・シャルドネを「最高のブルゴーニュの白」とコメントし、初めて最高点である100点を付け、賞賛しました。

このワイン名ティリティリ(tiritiri)とはマオリ語で「共有」という意味。

現在、フィン夫妻はオーナーとして在籍し、その意思を継いだつくり手たちが担っています。

▶︎ノイドルフ ヴィンヤーズ公式サイト


このワインはボクモワインでご購入いただけます!

この記事の筆者

NZワインラバーズ編集部
NZワインラバーズ編集部
NZワインラバーズの編集部です。ソムリエ岩須の監修の元、ニュージーランドやワインについての情報を執筆&編集しています
SNSフォローよろしくお願いします!
Twitter ▶ @nzwinelovers
Instagram ▶ bokumowine

監修

NZワインラバーズ編集部
岩須 直紀
ニュージーランドワインが好きすぎるソムリエ。ラジオの原稿執筆業(ニッポン放送、bayfm、NACK5)。栄5「ボクモ」を経営。毎月第4水曜はジュンク堂名古屋栄店でワイン講師(コロナでお休み中)。好きな音楽はRADWIMPSと民族音楽。最近紅茶が体にあってきた。一般社団法人日本ソムリエ協会 認定ソムリエ。
ボクモ(BOKUMO)
Facebook
Twitter

5/5 (1 Review)

キーワードで探す

ワインの種類で探す

地域で探す

品種で探す

白ワイン用ぶどう品種

赤ワイン用ぶどう品種

価格帯で探す

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会認定ソムリエで、飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。


NZワイン専門店 ボクモワイン
お酒に関する情報|国税庁
未成年者の飲酒防止の推進|国税庁
在ニュージーランド日本国大使館
在日ニュージーランド大使館