マトゥア リージョナル ソーヴィニヨン・ブラン 2017

レビュー日 2020.04.24
地域 マールボロ
ワイナリー マトゥア(Matua)
品種 ソーヴィニヨン・ブラン
収穫年 2017
香り ツゲ、グレープフルーツ、パッションフルーツ、ハーブ
アルコール 13%
こんな人におすすめ 日本で手に入りやすく、カッコいいデザイン、なおかつ安心できる味わい!NZワインを初めて飲む人におすすめです!
購入先リンク ▶楽天市場

岩須

NZのマールボロワインのお手本のような一本です!輸入元はサッポロビールさんで流通量も多く、値段も良心的。僕も今まで6本くらい飲んでます!

マトゥア ソーヴィニヨン・ブラングラス

色合いは、イエローグリーンのような、やさしい黄緑色。黄色味はあまり強くないですね。

注いですぐは、多少ぷちぷちとした気泡がみられます。

アルコール度数は13%としっかりあるので、完熟したぶどうでつくられていることが想像できます。

マトゥア グラス

香りの第一印象は、まさに「ツゲ」。櫛に使われる植物として知られていますが、これはNZのソーヴィニヨン・ブランに非常に良く現れる香りです。

グレープフルーツ、パッションフルーツの香りは落ち着いていて、ハーブのニュアンスが強め。これは、マールボロのソーヴィニヨン・ブランの典型的な香りと言えるでしょう。

また、ほんの少しですが、石灰のようなニュアンスも感じます。

少しスワリングすると、中にこもっていたパッションフルーツのような南国フルーツの香りが、ぱっと広がります。

このワインのヴィンテージは2017年とやや時間がたっていますが、おそらくもっと新しいものであれば、よりフルーツの香りが華やかに香るでしょう。購入する際には、最新のヴィンテージを選んで買うと、よりフレッシュ感とフルーツ感を楽しめると思いますよ。

しかし、これはこれで全然オッケー。

僕の中では「落ち着いたマールボロ」っていう印象ですね。食事に合わせやすいタイプにまとまっていると思います。

口に含むと、香りからは感じにくかったグレープフルーツのニュアンスが、一気に広がります。グレープフルーツの皮の綿の部分、それから実のジューシーさとほろ苦さが上手く表現されていますね。

さらにパッションフルーツ、そしてレモンのような心地良い酸の刺激。

めちゃくちゃフルーティかつ、とても綺麗な酸味です。

また、香りの中にもあったセージのような清涼感のあるハーブのニュアンスも感じられます。

よくまとまっていて、なおかつ濃縮感とジューシー感もある、NZのマールボロのワインのお手本のような一本です。

NZワインは是非、ここから入ってください!

ボトルにも注目

一見ワインとは思えない、非常に綺麗でクリアなボトル。
この美しいブルーは、ワイン売り場でもかなり目を引くデザインだと思います。

マトゥア ラベル

マオリ族の顔のタトゥーがモチーフに使われていますが、これはマオリの人たちからの正式な許可が必要なもの。ワイナリーがマオリ文化に敬意を払い、マオリの人たちもそれを認めているという友好関係が伺えますね。

また、飲み頃になると雪の結晶マークが現れる「サーモグラフィラベル」を採用していたり、ベースのブルーの中にうっすらと浮き上がるマオリの模様が、非常にユニークなデザインです。

こういった爽やかで綺麗なブルーのボトルは、アウトドアのシーンにもぴったりですね。

 

ワイナリー「マトゥア」について

NZワインといえばもちろん、ソーヴィニヨン・ブランですね。

このNZワインの代名詞とも言えるぶどう品種「ソーヴィニヨン・ブラン」を、NZで初めて生産したワイナリー、それが「マトゥア」です。

創設者であるスペンス兄弟は、1969年、NZで初めてソーヴィニヨン・ブランを植樹。そして1974年、NZ初となるソーヴィニヨン・ブランのワインを発売します。

この二人の兄弟の革新的な活動により、NZのソーヴィニヨン・ブランの歴史は始まったのです。

マトゥア(MATUA)とはマオリ語で「家長」または「総本家」という意味(head of the family)。シンボルカラーのブルーは、ぶどう畑の近くを流れる河の水の色を表現しています。

NZの土地に根付いたワインづくりを続け、そしてNZワイン産業に大きな革命を起こしたスペンス兄弟。間違いなくNZソーヴィニヨン・ブランのパイオニアである彼らは、現在もなお新しいワインを生み出し、挑戦を続けています。

創業当時は北島のオークランドからスタートしたマトゥアですが、現在は所有するぶどう畑の62%が南島のマールボロにあります。その他、ギズボーン、ホークス・ベイ地方、セントラル・オタゴ地方などにも畑があり、国内でも最も有名なブティックワイナリーの一つへと成長しています。

また、2012年「IWSC NZプロデューサー・オブ・ザ・イヤー」を受賞して以来、数多くの賞を受賞。
その品質は世界で認められ、国際的にも高い評価を受けているワイナリーです。

▶マトゥア公式サイト

おすすめのペアリング

後味に苦味がちょっぴり残るこのワインは、お食事に合わせやすいと思います!

エビフライ

エビフライ

このワインは海鮮料理と相性が良さそうです。

中でも、エビを使った料理がおすすめ。茹でたエビの料理や、ガーリックシュリンプもいいでしょう。

特におすすめなのが、プリっと大きいエビフライ!
レモンをギュッと絞って、合わせてみてください。

シーフードのカルパッチョ

タコのカルパッチョ

カルパッチョのような、あまりゴテゴテしてない、シンプルな調理法もおすすめですね。

磯の香りと非常に良いペアリングになりそうです。

この記事の筆者

NZワインラバーズ編集部

NZワインラバーズ編集部
NZワインラバーズの編集部です。ソムリエ岩須の監修の元、ニュージーランドやワインについての情報を執筆しています。

キーワードで探す

ワインの種類で探す

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。