大沢ワインズ フライングシープ ピノ・グリ 2013

レビュー日 2020.05.07
地域 ホークス・ベイ
ワイナリー 大沢ワインズ(Osawa Wines)
品種 ピノ・グリ
収穫年 2013
香り セージ、チャービルなどのフレッシュハーブ、マンゴーなどの核果
アルコール 13%
シーン お手軽に作れるイタリアンに合わせて
購入先リンク ▶OSAWA WINESオンラインワインショップ

岩須

清涼感たっぷり。食事にあうタイプの白ワインです。

このワインは、2013年ヴィンテージ。このレビューを書いている時点で、収穫から7年経っているということになります。

このような年代物のNZワインは、日本ではあまり流通していないので、珍しい存在ですね。

どんなワインなのか、ちょっとワクワクします!

大沢ワインズ フライングシープ ピノ・グリ 2013グラス

赤ワイン用ぶどう品種ピノ・ノワールの突然変異でできたと言われている、ピノ・グリ

「グリ」はフランス語で「グレー」を意味し、ぶどうの皮の色はグレーがかったピンク色をしています。

ピノ・グリでつくられたワインの色は、イエローやゴールドの色調が強めに出ることが多く、このワインもその特徴がよくでていると思います。

非常にクリーンで、きれいな外観ですね。

▶ピノ・グリについて更に詳しくはこちら

大沢ワインズピノ・グリ グラス

香りは、7年も経っているとは思えないほどのフルーティーさが残っていて、ハツラツとした印象も感じます。

ただ、このワインの産地であるホークス・ベイ地方アロマティック品種は、本来パッションフルーツやマンゴーなどの亜熱帯系フルーツの香りが強烈に出る傾向があるんですが、そういったものと比べるとフルーティーさはやや控えめです。

そしてもうひとつ感じるのが、フレッシュハーブの清涼感。セージ、チャービル、ディルのような、ハーブのニュアンスが思い浮かびますね。

フルーティーさとハーブのニュアンス、どちらもバランスよく同居している感じです。

味わいも香りと同様、経年を感じさせないフレッシュさがあります。

そして、NZの白ワインにはあまり感じたことのないような、滑らかさを感じますね。 

おそらく作りたての頃は、もっとフルーティーなイメージが強いワインだったのではないでしょうか。

それが、時が経つにつれてフルーティーさが徐々にやわらかくなり、ピノ・グリがもともと持っているハーブのニュアンスと調和していった結果、このような味わいになっていったんだと思います。

これはNZの定番スタイルというよりも、どちらかと言えばヨーロピアンなスタイルですね。食事に寄り添うようなワインに、徐々に変化していったと考えられます。

その変化をしっかりと支えているのは、アルコール度数の高さです。

高いアルコール度数に守られたワインの旨味が下支えとなり、決してへたっているという印象を与えず、ナチュラルな旨味のあるものに熟成していると思います。

このように、NZワインも「時を経ることでフードフレンドリーなワインになっていく」ということが、このワインを通じて知ることができました。

NZワインのポテンシャルを感じられる、そんな一本です。

ワイナリー「大沢ワインズ」について

大沢ワインズ」はニュージーランドのホークス・ベイにあるブティックワイナリーです。

「海外で農業をしたい」という少年期からの夢を持ってきた日本人オーナーの大沢泰造さんが、2005年に設立しました。

自然環境の保護に取り組みながら、安全で美味しいぶどう栽培とワインづくりを行っています。

大沢ワインズのエントリーとなるシリーズが、この「フライングシープ」のシリーズ。

元は牧羊地だった土地をぶどう畑として開墾した為、その土地にいた羊たちには、新しい牧羊地に引っ越してもらわなければなりませんでした。その引っ越しの際の羊たちが移動する姿が飛ぶように見えた、というのが「Flying Sheep」というネーミングの由来です。

人間と羊が共生しているニュージーランドならではのエピソードですね。

ちなみに、大沢ワインズのワインは、滋賀県米原市にあるガーデン施設「ローザンベリー多和田」で購入可能です。ここでは、ニュージーランドのセラードアの雰囲気を再現していて、マヌカハニーやオーガニックティーなどのNZの特産品も多数扱っています。

▶ローザンベリー多和田

▶大沢ワインズ公式サイト

おすすめのペアリング

魚介のパスタと海藻サラダ

ボンゴレビアンコ

海藻サラダ

このワインは、フードフレンドリーなイタリアワインにとても近いニュアンスを持っています。

また、グラスに注いで少し温度が上がってくると、「ヨード香」という海のミネラルを感じる香りが立ってきます。

ですので、魚介を使ったイタリアンパスタと、わかめなどが入った海藻サラダがあれば、このワインに合わせる食事は完璧です!

サラダのドレッシングは、そのまんまイタリアンドレッシングでも、ごまドレでも良いですね。

魚介パスタのソースは、オイル系でもトマトでもOK。イタリア料理にならってオリーブオイルをたっぷり使ってくださいね。

フレッシュチーズを使った前菜やピザ

マルゲリータ

モッツァレラやマスカルポーネなどの、フレッシュチーズを使った料理もおすすめですね。

例えば、シンプルなマルゲリータや、マスカルポーネをクラッカーにのせた簡単なおつまみなど。

ちょっとしたホームパーティーにも良いですね。

この記事の筆者

NZワインラバーズ編集部

NZワインラバーズ編集部
NZワインラバーズの編集部です。ソムリエ岩須の監修の元、ニュージーランドやワインについての情報を執筆しています。

キーワードで探す

ワインの種類で探す

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。