グレイワッキ ピノ・ノワール 2015

レビュー日 2019.10.23
地域 マールボロ
ワイナリー グレイワッキ(Greywacke)
品種 ピノ・ノワール
収穫年 2015
香り 熟したフルーツ、じっくり煮詰めたブラックチェリー・ラズベリー・プラムなど
アルコール 13.5%
シーン 特別な日にじっくり味わう「ごちそうワイン」
購入先リンク ▶楽天市場
希望小売価格 6,740円(税別)

岩須

マールボロを知り尽くした人物が作り出す、力強くてフルーティーなピノ。特別な日におすすめしたい一本。

マヒ ピノ・ノワール

マールボロ産ピノ・ノワールは、やや力強くてフルーティーなタイプが多いのが特徴です。

このグレイワッキをつくるのは、マールボロで40年近くワインをつくっているケヴィン・ジュッド氏。マールボロという土地を知り尽くした人です。彼のピノ・ノワールは、この土地のスタイルである「力強くてフルーティーなピノ」を見事に表現していると言えるでしょう。

色は、ピノ・ノワールにしては濃さがあります。ややダーク系の赤。

香りは、熟したフルーツのニュアンスがあり。ブラックチェリーとラズベリーとプラムをじっくり煮詰めたような感じ。

口に含むと、滑らかさを持った旨みが一気に広がります。全体的にフルーティーさが優位なんだけど、果実以外の複雑な旨みもしっかり。味の厚みを感じます。喉を過ぎると、樽由来のバニラっぽさが鼻に抜けて心地よいです。

ペアリングにはラム肉のブラウンシチューがおすすめ。薄切りのラムをガーリック醬油炒めにしてもバッチリあいそう。ラムはもちろんニュージーランド産ね。

ピノ・ノワールの特徴

ピノ・ノワールは、エレガントで繊細な味わいが特徴。

世界中で大変人気のある品種で、代表的な産地であるフランスのブルゴーニュ地方ではピノ・ノワールを使用した数々の高級ワインが生み出されています。

また、ニュージーランドではセントラル・オタゴ地方ワイララパ地方のマーティンボロで名声を築いた品種でもあり、世界のワイン評論家や愛好家からも高い評価を得ています。

ワイナリー「グレイワッキ」について

グレイワッキ(GREYWACKE)はケヴィン・ジュッド氏が2009年に始めたワイナリーです。

彼は、ソーヴィニヨン・ブランで世界を虜にしたあのワイナリー、「クラウディ・ベイ」で創業当初よりワインづくりに携わってきた人物。

クラウディ・ベイで養った技術や信念を活かし生み出されたワインは、すでに世界中で高い評価を得ています。

また、彼は写真家としても活躍しており、ニュージーランド全土のぶどう畑を1冊にまとめた写真集や、ワイナリーで飼っている犬の写真を集めた写真集を出版しています。

▶グレイワッキ公式サイト

おすすめのペアリング

ラム肉のブラウンシチュー

赤ワインとトマトでコトコト煮込んだラム肉のシチューは「ごちそうワイン」にぴったりの一品。

味の厚みがあるワインだからこそ合わせたい、濃厚なシチューです。

ラム肉のガーリック醤油炒め

薄切りにしたラム肉をさっと炒めて、ガーリック醤油で仕上げます。ガリっと挽いた黒胡椒とあさつきがあればなお◎。

とっても簡単な一品ですが、特別な日のディナーやおもてなしの一品にもおすすめです。

この記事の筆者

NZワインラバーズ編集部

NZワインラバーズ編集部
NZワインラバーズの編集部です。ソムリエ岩須の監修の元、ニュージーランドやワインについての情報を執筆しています。
SNSフォローしてください!
Twitter ▶ @nzwinelovers
Instagram ▶ nzwine_lovers

監修

NZワインラバーズ編集部

岩須 直紀
ラジオの原稿執筆業(ニッポン放送、bayfm、NACK5)。ニュージーランドワインが好きすぎるソムリエ。栄5「ボクモ」を経営。毎月第4水曜はジュンク堂名古屋栄店でワイン講師(コロナでお休み中)。好きな音楽はRADWIMPSと民族音楽。最近紅茶が体にあってきた。一般社団法人日本ソムリエ協会 認定ソムリエ。
ボクモ(BOKUMO)
Facebook
Twitter

キーワードで探す

ワインの種類で探す

地域で探す

品種で探す

白ワイン用ぶどう品種

赤ワイン用ぶどう品種

価格帯で探す

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会 認定 ソムリエで飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。