シレーニ エステート セラーセレクション ソーヴィニヨン・ブラン 2019

レビュー日 2020.07.21
地域 マールボロ
ワイナリー シレーニ エステート(Sileni Estates)
品種 ソーヴィニヨン・ブラン
収穫年 2019
香り パッションフルーツ、グレープフルーツの皮の部分
アルコール 13.5%
シーン 家に常備すべきNZワイン。
購入先リンク ▶エノテカ オンライショップ
希望小売価格 1,900円(税別)

岩須

NZのソーヴィニヨン・ブランの典型的なスタイルを、分かりやすく伝えてくれている一本。この価格でこの味わいは、まさに「買い」です!

シレーニソーヴィニヨン・ブラン2019グラス01

外観は、透明感のあるグリーンイエロー。これは典型的なマールボロソーヴィニヨン・ブランの色合いです。

ディスクも非常に厚く、どっしりとした重厚感のある白ワインであることがわかります。

シレーニソーヴィニヨン・ブラン2019グラス

香りも、非常にマールボロらしいフルーツ感がしっかり出ています。

パッションフルーツ、グレープフルーツの皮の白い部分のような、ほろ苦さを連想するいい香り。

また、チャービルのような優しいハーブのニュアンスもあります。温度があがってくると、熟したパイナップルの香りも感じられますね。

味わいには、ハーブのニュアンスを伴った強いフルーティーさがあり、酸味と甘味のバランスがとても秀逸。濃縮感のあるソーヴィニヨン・ブランですね。

香りにはグレープフルーツの皮の部分のニュアンスを強く感じましたが、口に含むとジューシーな実の部分を連想させます。そこに、パッションフルーツやパイナップルのような熱帯フルーツのフレーバーが口いっぱいに広がります。

爽やかさがありつつも、非常にコクとボリューム感があるワインです。

さすが日本で大人気の銘柄「シレーニ」だけあって外しませんね。この価格帯でこの味わいはもう一言、「買い」ですよ!

デイリーワインとしてはちょっと贅沢かもしれませんが、こういう美味しいワインを定期的に飲んでいたら、自分の中の基準がぐっと上がると思います。

家に常備しておくと安心する、おすすめのNZワインです。

ワイナリー「シレーニ エステート」について

「シレーニ エステート」は北島東部のホークス・ベイ地方にあるワイナリーです。

1997年に設立して以来、世界中で数々の賞を獲得。日本でも流通の多いNZワインの一つです。

ワイナリー名は、ローマ神話に出てくる酒の神バッカスの従者「シレーニ神」が由来。

シレーニ神は、「おいしいワインと食事、そして素晴らしい仲間(Good wine, good food, good company)」を楽しんだとされていて、シレーニ エステートもそれに習い、食事との相性を重視した、毎日飲んでも飲み飽きないようなワインづくりを目指しています。

また、シレーニ エステートのソーヴィニヨン・ブランは、NZ最大のワイン産地であるマールボロ地方で栽培されています。

▶シレーニ エステート公式サイト

おすすめのペアリング

ボリューム感があるこのワインには、サッパリしたサラダよりも、ちょっと脂の乗ったお肉やお魚に合うと思います。

ほっけの塩焼き

ほっけの塩焼き

シレーニの創設者グラエム・アヴリー氏も、和食との相性の良さを語っているということで、是非日本食と合わせてみましょう。

日本食の魚料理なら、ほっけの塩焼きが合いそうです。

ロースとんかつを塩レモンで

ロースとんかつ

「意外と良いかも」のペアリングが、ロースとんかつ。

これくらいアルコールのボリューム感があるワインは、お肉の脂分とうまくリンクしそうです。塩+レモンのとんかつと合わせればバッチリ。

この記事の筆者

NZワインラバーズ編集部

NZワインラバーズ編集部
NZワインラバーズの編集部です。ソムリエ岩須の監修の元、ニュージーランドやワインについての情報を執筆しています。
Twitterフォローしてください!
▶ @nzwinelovers

キーワードで探す

ワインの種類で探す

地域で探す

品種で探す

白ワイン用ぶどう品種

赤ワイン用ぶどう品種

価格帯で探す

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。