ストップ&ゴー

ソムリエブログ

先週末、何度目かの営業再開をしました(飲食店のボクモの話ね)。

コロナ禍になってから、ストップ&ゴーを繰り返し、今回は、だいぶ長いストップのあとに、ようやくゴーできた感じです。

 

金曜日と土曜日。両方あわせて30人くらいの方に来ていただきました。

再開を待っていてくださった方がたくさんいたこと、ありがたく思います。外食って、まだ少しは需要があるんだな。それを実感して、すこし心が落ち着きました。

 

お客さんが来てくださったことも嬉しかったのですが、今回は、それともうひとつ、嬉しいの上乗せがありました。

それは、元スタッフからの気遣い。

昨年末、長野に引っ越したスタッフがいるのですが、その彼女が、金曜日の再開のタイミングにあわせて、地元のシャインマスカットを送ってくれたのでした。

届いたシャインマスカットを持った現スタッフのSちゃんが、「店長!これ、小さい犬くらいの重量感ありますよ!」と大はしゃぎ。ほんとにそれくらい重くてびっくりしました。

一粒食べたら、もうそれだけで完成されたスイーツのよう。ああ、贅沢。ちょい甘のリースリングと合わせたら、完璧でした。

ありがとう。お客さんにも食べていただき、みんなでいい時間を共有できました。

 

それから土曜日は、当時は大学生だった元バイトくんが、久しぶりに飲みに来てくれました。

「店長、僕再開するの待っていたんですよ。実は、報告があって。僕、結婚したんです!」だって。

しかも、奥さんのお腹には赤ちゃんがいると言うではないか。

いやあ、まかないでどんぶり2杯分のご飯を軽く平らげ、ボクモの周年パーティーではキーボードを弾いて黄色い声援をもらっていた、あのおぼこい男子が、お父さんか・・・。

ちょっとウルウルしてしまいました。

なんだか、二日連続で「飲食店、頑張りなさいよ」のエールをもらった気分です。

 

ただ、これまでのストップ明けのゴーの体験から、たぶん、これからしばらくの間、平日はヒマな日が多いと思います。

掃除と準備をやりながらまったりと待つんだろうな。外食ってやっぱり需要がないのかな、と落ち込むこともあるかもしれません。

そんなときこそ、腐らずに、繋がりを大事にする気持ちを忘れずにいなきゃ。また来てくださったお客さん、そして元スタッフのふたりとの繋がりを感じ、あらためてそう思いました。

シャインマスカット

もちろん、並行して「ボクモワイン」では、NZの良いワインを入荷して販売していきます。

ボクモで気に入ったNZワインがあったら、すぐにオンラインで注文できる。徐々にそういう形にして行きたいと思います。

あ、でも。

おうちで美味しいNZワインが飲めるなら、ボクモに行かなくてもいいや、となるのは困るぞ。そこ、これからの考えどころだなあ。

ちなみに、再開してまた入ってくれているホールスタッフの働きっぷりは、僕が心配していたのがアホらしくなるくらい、完璧でした。とても優秀。ありがたい。

逆に、僕は注文を伺うときに、アプリの操作を忘れてておろおろ。ストップしているのは僕の脳だったようで・・・。はやいところ脳をゴーのモードに。

この記事の筆者

NZワインラバーズ編集部
岩須 直紀
ニュージーランドワインが好きすぎるソムリエ。ラジオの原稿執筆業(ニッポン放送、bayfm、NACK5)。栄5「ボクモ」を経営。毎月第4水曜はジュンク堂名古屋栄店でワイン講師(コロナでお休み中)。好きな音楽はRADWIMPSと民族音楽。最近紅茶が体にあってきた。一般社団法人日本ソムリエ協会 認定ソムリエ。
ボクモ(BOKUMO)
Facebook
Twitter

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会認定ソムリエで、飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。


NZワイン専門店 ボクモワイン
お酒に関する情報|国税庁
未成年者の飲酒防止の推進|国税庁
在ニュージーランド日本国大使館
在日ニュージーランド大使館