椅子をもらっていただけませんか?

ソムリエブログ

引き続き、ボクモの改装を進めています。

その中で、少し困ったことがあります。

それは、「まだ使えるのに、リニューアル後の店には置けない物」があること。

思えば、店をはじめるとき、店の備品を揃えるのにはずいぶん時間をかけました。棚、食器、カトラリー、鏡、音響機器。道具屋さんを回ったり、リサイクルショップに行ったり、ネットとにらめっこしたりしながら、ひとつひとつ店に置く物を決めていく作業は、とても楽しかったのを覚えています。

ただ、ゆっくり決めればいいと思っていたら、いつの間にか、カレンダーの赤丸の開店予定日まであとわずかだったときの、あの焦りも鮮明に覚えています。

やばい、開店に間に合わせるには、もう買わねば。でも本当にこれでいいのか?もっといいのがあるんじゃないか?相場と比べて高いんじゃないのか?いや、だめだ、迷っていたら間に合わない。ええい、買っちゃえ!

そうやって買った物の代表が、ワイングラスです。店をはじめた当初は、僕はソムリエの資格もとっていなかったし、ワインの知識もぜんぜん足りていなかったので、業務用品店の人のおすすめに従って、ええいと勢いで選んでしまいました。

今振り返ると、ええいは、イカンです。

なぜなら、じっくり時間をかけて選んだものは大切に使うけれど、ええいのやつには、愛情が足りなくなる気がするから。

事実、最初に買ったワイングラス60脚は、どれも割れにくい物を選んだはずですが、12年以上経った今、10脚くらいしか残っていません。

まあ、グラスなんて消耗品だからしょうがないと言えばそうなんですが、ただ、もうちょっとじっくり考えて選んだら、扱いも丁寧になっていたりしたのかな、と思ったりもするのです。

それとは対照的に、たっぷり時間をかけて選んだのが、椅子です。

業務用メーカーからいくつもカタログを取り寄せ、ショウルームを見に行ったりして、うんうん唸って悩みました。で、実物をいくつか買って、実際に自宅で使って座り心地を確かめて、ようやくこれだ、と決断したのでした。

こだわりは、普通よりもすこし背が高いということ。普通、飲食店がテーブル席に置く椅子は、高さ40cm〜45cmがセオリーなんですが、僕は50cmの椅子を選びました。それにあわせて、テーブルも普通の店よりもちょっと高めにしました。

理由は、セオリーよりもやや高くすることで、ほんの少しだけ落ち着かなさというか、違和感みたいなものがうまれると思ったから。そしてそれが、店の活気につながるんじゃないかと思ったのです。

そう。最初のコンセプトは、じっくりワイングラスを回しながら楽しむ店じゃなくて、時には立ち上がってわいわい盛り上がる店、だったのです。だから、ちょっと立ち上がりやすいくらいの椅子がよかった。たかが5cmですが、座り比べてみると、だいぶ感覚が違うんです。

結果、運良く、目論見通りになりました。たまたま10年くらい前にやってきた「バルブーム」に乗っかる形にもなって、ボクモは割とやかましくワインを飲む店になったのでした。

しかし、今回の改装では、その初期コンセプトからの脱皮を図ります。13年目のボクモは、もうちょっとアダルトな雰囲気。家具も落ち着いた感じにリニューアルさせます。

ということで、問題になるのが「まだ使えるのに、リニューアル後の店には置けない代表」=「椅子」です。

業務用だけあって、座面はまだきれいです。へたってもいない。脚はさすがに傷があるものの、グラつく感じはありません。よく働いたのに、まだ働ける子。いい子なんです。

ただ愛着はあるけど、手放さなければいかんのです。嫁ぎ先、どうしたもんだろうなあ、まあゆっくり考えればいいかな、なんて思っていたら、おいおい、カレンダーのリニューアルオープンの赤丸まで、あとちょっとじゃないか。おい岩須、あのときからまったく成長してないじゃないの!

というわけで、今回このブログを使って、ちょっと呼びかけてみます。

どなたか、ボクモの椅子、もらっていただける方、いらっしゃいませんか?

スペックはこんな感じです。

メーカー 丸勝産業(MARUKATSU)
型名 リリー 木製椅子 Lily
張地 ブラック
木部(脚) ブラウン
座面の直径 31.5cm
高さ 50cm
新品参考価格 14,520円

 

ボクモ椅子4脚

ボクモ椅1脚

ボクモ椅子計測

ボクモ椅子計測02

今数えたら、全部で19脚あります。

1脚からお譲りしますので、欲しい方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください(SNS経由、もしくは info@bokumo.jp まで)。

できれば、3月2週目までにボクモに取りに来てください。先に来ていただいた方から、納得できる状態の物を選んでいただけるようにしようと思います。ある程度まとまった数なら、僕の車で運ぶことも可能です。

12年活躍してきたリリーちゃん、よかったら可愛がってやってください!

もし、欲しい方がぜんぜんいない場合は、、、

捨て、、、

いや、もったいない。愛着あるもん。

たぶん、僕の家が椅子まみれになります。

 

== 2022.2.22 午後7時 ==

ありがたいことに、お知らせしてから半日で、すべての椅子の行き先がきまりました!

第二の椅子生、可愛がってもらうんだよー!!!

 

今週のペアリング

リニューアル後に予定しているボクモの新メニューです。

どーん。

ボクモの鶏レバー

これ、以前やっていた鶏レバーのペーストを、シェフが進化させました。

今回の新バージョンはアクセントにオレンジピールが入ってます。果実味が加わったことで、より独特のクセは和らぎ、フルーツ感のあるニュージーランドワインとの相性もぐんとアップしました。

白ワインにも赤ワインにもいけます。

白ならば・・・

ミーシャズヴィンヤード “ザ・スターレット” ソーヴィニヨン・ブラン 2019

ミーシャズ ヴィンヤード “ザ・スターレット” ソーヴィニヨン・ブラン 2019

オレンジピールとワインの柑橘っぽさがよくマッチします。

 

赤ならば・・・

ワイルドソング オーガニック シラー ホークス・ベイ 2018

ワイルドソング ホークス・ベイ シラー2018

上品なシラーの中にある動物感とスパイス感は、レバーに最適。

ああ、はやくあわせて試していただきたいなあ。

リニューアルオープンは、今のところ3月2週目の予定です。はよ去れ、オミクロン!

この記事の筆者

NZワインラバーズ編集部
岩須 直紀
ニュージーランドワインが好きすぎるソムリエ。ラジオの原稿執筆業(ニッポン放送、bayfm、NACK5)。栄5「ボクモ」を経営。毎月第4水曜はジュンク堂名古屋栄店でワイン講師(コロナでお休み中)。好きな音楽はRADWIMPSと民族音楽。最近紅茶が体にあってきた。一般社団法人日本ソムリエ協会 認定ソムリエ。
ボクモ(BOKUMO)
Facebook
Twitter

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会認定ソムリエで、飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。


NZワイン専門店 ボクモワイン
お酒に関する情報|国税庁
未成年者の飲酒防止の推進|国税庁
在ニュージーランド日本国大使館
在日ニュージーランド大使館