ニュージーランドのワイン生産地域

当サイトではニュージーランドの9つの代表的なワイン産地(リージョン)をご紹介します。
最も重要な産地は、国内生産の7割以上を占める「マールボロ地方」。その他にも、ピノ・ノワールに力を入れる「セントラル・オタゴ」や、ブルゴーニュとよく似た気候の「マーティンボロ」があるワイララパ地方など魅力ある産地が多数存在します。

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。

当サイト「ニュージーランドワインラバーズ」は一般社団法人日本ソムリエ協会認定ソムリエで、飲食店「ボクモ」のオーナー岩須直紀が全記事を監修、一部執筆しているNZワインの専門サイトです。


お酒に関する情報|国税庁
未成年者の飲酒防止の推進|国税庁
在ニュージーランド日本国大使館
在日ニュージーランド大使館