サステイナブル(sustainable)

サステイナブル(sustainable)は直訳すると「持続可能な」という意味。近年では「人間の活動によって地球の環境を壊すことなく、未来に継続できるやり方で」という意味合いで使われることが多いです。

他の産業同様、ワイン産業においても、ワインをつくることによって、自然が壊されたり、将来住みにくい場所になってしまってはいけないと考える人が増えています。

ニュージーランドは、もともと人々の環境保護に対する意識が高い国で「オーガニック大国」とも言われます。

ワインづくりにおいても「Sustainable Winegrowing New Zealand(SWNZ)」という独自の認証があり、これは他国と比べても早い1997年に設立されました。

このサステイナブルの認証を取得するためには、たいへん厳しい基準をクリアする必要があり、化学的な農薬を極力使わずにぶどうを栽培することはもちろん、醸造時にワイナリーから排出される様々な物質にも細かい配慮が必要となります。また、日々それらのデータを監視、測定をして、環境負荷の削減に努めなければいけません。

各ワイナリーの努力により、ニュージーランドでは、サステイナブルの認証を受けているぶどう畑は実に全体の98%にのぼります。

▶Sustainable Winegrowing NZ

他の人にも教える!

ストップ! 20歳未満飲酒・飲酒運転。お酒は楽しく適量で。妊娠中・授乳期の飲酒はやめましょう。のんだあとはリサイクル。